コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーマ ソーマSoma

翻訳|Soma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーマ
Soma

インド神話の神。もとは特殊な植物の名であったものが,さらにこの植物から造った神酒もソーマと呼ばれ,ベーダ祭祀の最も主要な供物であった。やがて,このソーマ酒を供える祭祀が盛んに行われるにつれて,ソーマは神格化されていき,ソーマ神に捧げる賛歌も多数作られた。特に『リグ・ベーダ』第9巻は,すべてソーマ神への賛歌で占められている。ソーマ酒の効果は誇張して賛美され,神,人,祖霊ともに愛飲し,霊力,不死力,勇気を得られるという。特にインドラ神に対しては,ソーマ酒を飲用してくれることを繰返し懇願している。ソーマの起源については,天界に秘蔵されていたソーマを神鷹がインドラ神のためにこの世にもたらしたものという。またソーマは,ブラーフマナおよびそれ以後の神話では月の神チャンドラと同一視されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ソーマ(Rabban Bar Sauma)

[1220ころ~1294]元の大都(北京(ペキン))生まれの、キリスト教ネストリウス派の僧。エルサレムへの巡礼を志し、1287年、イル‐ハン国から使節として出発。コンスタンチノープル・ローマを経てパリに至り、フィリップ5世に歓待され、エドワード1世とも会見。バグダードで死去。

ソーマ(〈梵〉soma)

《蘇摩と音写》
古代インドの植物の名。また、その液汁を発酵させて作った飲料。祭式の供物とされた。
インドの神の一。1を神格化したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ソーマ

インドのベーダ神話の神酒。アベスターの〈ハオマ〉に相当する。ベーダ祭式(ソーマ祭)における飲料,またその原料となる植物,さらにその飲料を神格化した神名でもある。
→関連項目ガンダルバ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソーマ【Soma】

古代インド,ベーダ時代の宗教の中心をなす祭式において,祭火により諸神に捧げられ,残余を祭官その他の者たちにより飲まれた興奮性の飲料。祭式は飲料の名を冠してソーマ祭と呼ばれている。同名の植物を板上で両手に持った石器または臼で砕き,圧搾した液を羊毛の濾布でこし,木椀に入れ,水,牛乳等を混ぜて作られた。神々,特にインドラはこれを好み,これにより敵に打ち勝つ力を増大させ,また人間は詩的霊感を得たとされる。この祭式と特殊な供物の重要さは,《リグ・ベーダ》第9巻の全体が〈自身を浄化するソーマ〉の賛歌よりなっていることからもうかがわれる。

ソーマ【Rabban Bar Sauma】

?‐1294
中国,元代のネストリウス派キリスト教徒の司祭。バール・ソーマ(サウマ)ともいう。大都(現,北京)に生まれた。オングート族出身の弟子マルコスMarcosとともに1275年エルサレム巡礼に出発し,オアシス路経由でマラガに至った。同地の巡礼は果たせなかったが,マルコスがネストリウス派法王マール・デンハの後任として法王となったのにともない,その師父となった。その後2人はイル・ハーン国王アルグンの使節としてローマとパリに行き,ローマ法王イギリスフランス両国王に会った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソーマ
そーま
Soma

古代インドの神酒。その原料となった植物および製法の過程はつまびらかにしえないが、起源は古くインド・イラン時代にさかのぼり(アベスタ語ハオマ)、インドにおいて早くから祭式に重要な供物とされた。一種の興奮飲料で、神々、とりわけインドラはこれを好み、ソーマを痛飲して悪魔を退治した。それは不死の妙薬、甘露とされ、人間にも栄養、活力を与え、子孫増殖、治病延命の効あり、武人に勇気、詩人に霊感を与えるといわれる。この神酒自体も早くから神格化され、多数の賛歌が『リグ・ベーダ』に伝えられている。ヒンドゥー教において、それは植物、とりわけ薬草の長とされ、月と同一視されて、数多くの多彩な神話を生んだ。またシバ神の別名ともなる。[原 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のソーマの言及

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…アメリカのモルガン商会の総裁であったワッソンR.G.Wassonは,趣味から取り組んだキノコにまつわる民俗学的研究を発展させて,キノコ民俗学ethnomycologyの分野を開拓した。ワッソンの研究はメキシコの山岳地帯に住む原住民に伝わる幻覚性キノコに伴う風習について,またインドのバラモン教の聖典《リグ・ベーダ》にある神にささげる聖なる供物ソーマについて考証をすすめ,これがベニテングタケであるという独創的な説を発表した。 ベニテングタケは毒キノコであるが,ヨーロッパではこれを幸福をもたらすキノコとして壁掛け,置物,服飾のアクセサリーなどの図案,題材に用いる。…

【スラー酒】より

…その性状は明らかでないが,穀物を原料とするアルコール飲料と推定されている。インド・アーリヤ人の飲料としてはソーマとともに最も古いものの一つで,いずれも《リグ・ベーダ》にその名を記されている。ソーマが神聖な飲料として,濃厚な宗教的色彩を有していたのに対し,スラー酒はきわめて庶民的な飲料であったらしい。…

※「ソーマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソーマの関連情報