コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タテガミオオカミ(鬣狼) タテガミオオカミ maned wolf

1件 の用語解説(タテガミオオカミ(鬣狼)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タテガミオオカミ【タテガミオオカミ(鬣狼) maned wolf】

顔つきがキツネに似た四肢の異常に長い食肉類でイヌ科に属する(イラスト)。ブラジル中・東部,ボリビア東部,パラグアイアルゼンチン北部,ウルグアイに分布する。体長125~132cm,尾長28~41cm,肩高74~85cm,体重20~23kg。イヌ科動物中,もっとも四肢が長く,耳は三角形で大きく,吻(ふん)が細長い。体毛は長く橙色で,頭から肩にかけての正中線に黒色の長毛がたてがみ状に生える。森林の縁などの草原パンパ,湿地に1頭ですみ,夕方から早朝まで活動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のタテガミオオカミ(鬣狼)の言及

【絶滅生物】より

…オーストラリアのウォンバットはウシによる生息地の破壊により,タズナツメオワラビーはイヌとキツネに捕食されてともに激減した。ニューギニアのナガハシハリモグラ,キノボリカンガルーなどは狩猟により,南アメリカのメガネグマはトウモロコシの,タテガミオオカミはニワトリの害獣として駆除されて激減し,ライオンタマリンはペット,動物園の展示,医学用実験動物などに1960年ころから年間200~300頭も輸出され,1981年には生息数が100頭以下と推定される危険な状態になった。日本で絶滅寸前にあるのはイリオモテヤマネコ,ニホンカワウソ,トキ,メグロ,カラスバトなどである。…

※「タテガミオオカミ(鬣狼)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タテガミオオカミ(鬣狼)の関連キーワード北狐狐猿常に狐に小豆飯狐付き泣顔泣面似たり柿野干四肢の故障 (breaking down)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone