コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナグラ人形 タナグラにんぎょうTanagra figurine

6件 の用語解説(タナグラ人形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タナグラ人形
タナグラにんぎょう
Tanagra figurine

ギリシアの古典末期からヘレニズム期にかけて,アテネを中心にアッチカボイオチア地方で制作されたテラコッタの小彫像。 1870年ボイオチアのタナグラの墓地で多数発見されたためこのような名称がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タナグラ‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【タナグラ人形】

古代ギリシャで作られたテラコッタ製の彩色人形。ヘレニズム時代の風俗を表す。タナグラ地方の墳墓から出土したのでこの名がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

タナグラ人形【タナグラにんぎょう】

ギリシアのタナグラTanagra周辺の墳墓から発見されたテラコッタの着色小彫像。前8―前1世紀に作られたもので,原始的偶像から神像まで種々あるが,前4―前3世紀の婦人像が特にすぐれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タナグラにんぎょう【タナグラ人形 Tanagra figurine】

前5世紀ころから前3世紀ころを最盛期としてギリシアボイオティアアッティカ地方で製作されたテラコッタの小彫像。これらは墓の副葬品,神殿の奉納品,日常の置物として製作された。大彫刻の影響が見られる優れたものが多い。女神,婦人,騎士,楽人,床屋,大工,農夫,子どもなどさまざまな人物像が製作されているが,とくに優美な着衣の婦人小像が有名である。高さは6~7cmから25cm。1870年代初めボイオティア地方東部の小村タナグラ周辺の墓地から多数出土したことにちなんでこのように呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

タナグラにんぎょう【タナグラ人形】

タナグラの墳墓から発見された素焼きの人形。彩色が施され、ヘレニズム期の風俗がいろいろな姿態で生き生きと表現されている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タナグラ人形
たなぐらにんぎょう
Tanagra figurines

古代ギリシアで制作されたテラコッタ彩色の小彫像。高さは6~7センチメートルから25センチメートルぐらいで、さまざまな姿態の優美な婦人像をはじめ、神々、騎士、楽人、職人、農夫など、紀元前5世紀からヘレニスティック期にかけて制作された。その多くは墓地の副葬品、神殿への奉納品とされるが、室内の置物、死者の生前の愛好品とされていた場合も少なくない。1870年代にボイオティアのタナグラの墓地から多数発見されたためにこの名称でよばれているが、制作の中心地はむしろアッティカ地方の窯場とされている。[前田正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のタナグラ人形の言及

【テラコッタ】より

…一方,これらと異なりボイオティア地方東部のタナグラの墓地から出土した前5世紀ころから前3世紀ころにかけての加彩の小像,および小アジアのミュリナ,スミュルナ,ペルガモンなどで制作されたヘレニズム時代の小像は,神々,騎士,楽人,農夫,職人,婦人,子どもなどさまざまな人物を表している。とくにタナグラ出土の一連の優美な婦人像は,それまでの小像と違って日常的なくつろいだポーズや甘い感傷的な顔だちなど生気に満ち,用途は必ずしも明らかではないが,全体に高い芸術性を示すものである(タナグラ人形)。これに対し,小アジアのミュリナではアフロディテ(ビーナス),マイナス,飛翔するニケなど動きのある像が好んで制作されている。…

【ヘレニズム美術】より

…ヘレニズム時代には,モニュメンタルな大彫刻と並んで小さな彫刻作品も多くつくられた。ボイオティア地方の都市タナグラや小アジアのミュリナで大量につくられた素焼土(テラコッタ)製小型女性像(タナグラ人形)は,それ自身芸術作品としての価値を有するだけでなく,失われた大彫刻の様式を探るうえにも,また当時の風俗を知るうえにも,貴重な資料となっている。前2世紀の半ばころからギリシア美術は,クラシックへの回顧の傾向を強める。…

※「タナグラ人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone