コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブラチュア tablature

翻訳|tablature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タブラチュア
tablature

音楽用語。普通,楽器の奏法を示すため,音符の代りに文字や数字,記号などを用い,あるいはそれらと音符を併用する記譜法をいう。ヨーロッパではおもに 15~18世紀に盛んに用いられたが,楽器によってそれぞれ奏法が違うため,楽器ごとに異なった方式をもつ。最も重要なのは,オルガン・タブラチュアとリュート・タブラチュアであり,そのほかハープ,ビオラ・ダ・ガンバなどの楽器にも特有のタブラチュアが用いられた。日本や東洋にもそれぞれ独特のタブラチュアがみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

タブラチュア

楽譜の一種。ある音を出すために必要な楽器の操作,たとえば押さえる指の位置などを,文字や数字などで表記したもの。西洋ではオルガンやリュートの楽譜に18世紀ごろまで用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

タブラチュア【tablature】

楽器の演奏のため、五線譜を用いず運指や操作の仕方などを記号で示した記譜法。タブラチャー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のタブラチュアの言及

【楽譜】より

…これらのネウマ譜は,リズムの表示にあいまいさがあることは否めない。(3)タブラチュアtablature(奏法譜) 楽器の奏法を文字,数字,記号などで表示するもの。弦楽器における指や弦の奏法や,木管楽器の指孔の開閉状態などを指示することによって,間接的に音高を表す記譜法。…

※「タブラチュア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タブラチュアの関連キーワードタブ譜[tablature]リュシクラテス記念碑ドーリス式オーダーアーキトレーブカリアティードトスカーナ式イタリア建築トリグリフコロネードコーニスオーダーメトープフリーズタブ譜箏曲運指

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android