タマバエ(玉蠅)(読み)タマバエ(英語表記)gall midge

世界大百科事典 第2版の解説

タマバエ【タマバエ(玉蠅) gall midge】

双翅目タマバエ科Cecidomyiidaeの昆虫総称。キノコバエ科に近縁。世界から約530属4000種以上,日本からは約200種が知られている。多くは早春初夏成虫が出現するが,腐食性の種は秋~冬にも見られる。体長1~8mm,外観はカに似る。体は暗褐色の微粉で覆われるが,その地色赤色ないし暗赤色のものが多い。翅脈は単純で数珠状の長い触角を有する。タマバエは虫こぶをつくるハエの意。幼虫の寄主植物は高等植物全般にわたるが,ヨモギ属,ブナ属,ヤナギ属などを寄主とする種がとくに多く,通常特定の植物の特定の部位に特異な形状の虫こぶをつくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android