カ(蚊)(読み)カ(英語表記)Culicidae; mosquito

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カ(蚊)

Culicidae; mosquito

双翅目カ科に属する昆虫の総称。体は細くて軟弱で全体が鱗毛におおわれる。頭部は小さくて球形に近く,大部分が複眼で占められる。単眼はない。口器はとなって長く突出し,吸収口となっている。触角は細長く糸状で輪毛があり,雄では羽毛状。肢は細く非常に長い。翅も細長い。完全変態をし,幼虫ぼうふら,蛹は鬼ぼうふらと呼ばれ,大部分が淡水にすむが,塩水にすむ種もある。日本産はナミカ亜科 (イエカ,カクイカ,ヤブカなど) ,オオカ亜科 (日本最大のトワダオオカ 1種のみを含む) ,ハマダラカ亜科 (ハマダラカなど) の3亜科約 100種が知られている。雌は哺乳類や鳥類から吸血するばかりでなく,マラリアデング熱日本脳炎などの病原体を媒介する重要な衛生害虫である。他方,カ科に属しながらカクイカやトワダオオカのように他のカの幼虫 (ぼうふら) を捕食する天敵もある。 (→双翅類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カ(蚊)【カ】

双翅(そうし)目カ科に属する昆虫の総称。多くの種類があり,日本には100種以上いるが,衛生害虫と考えられるものはそのうち1/5くらい。一般に雌だけが吸血するが,雌雄共に全く吸血しないもの,カエル,イモリなどを吸血するものもある。卵は長さ1mmたらずのものが多く,幼虫(ボウフラ)は汚水やため水などにすみ,4回脱皮して蛹(オニボウフラ)になる。成虫は主として夏に現れ,ヤブカ類のように昼間活動するものと,ハマダラカイエカ類など夜間活動するものとがある。吸血に際し,日本脳炎(コガタアカイエカ),マラリア(ハマダラカ)など種々の伝染病を媒介する種類も多い。
→関連項目ボウフラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カ【カ(蚊) mosquito】

双翅目カ科Culicidaeに属する約3000種の昆虫の総称。ハマダラカ亜科Anophelinae,ナミカ亜科Culicinae,オオカ亜科Toxorhynchitinaeの3群に大別される。この中でオオカ亜科のカはいずれも大型で(翅長7~9mmくらい),吸血の機能を欠き,幼虫は他のカの幼虫を捕食する性質をもつ。日本には山地の樹洞などに生息するトワダオオカがいる。他の亜科のカは,大部分が翅長3mm前後と小さいが,吸血性をもつため古くから注目されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカ(蚊)の言及

【フィラリア】より

…成虫は糸状細長で,各種脊椎動物のリンパ管(および節),血管,皮下組織,眼窩(がんか)などに寄生し,胎生で被鞘幼虫(ミクロフィラリアmicrofilaria)を産出し,吸血昆虫によって伝播される。 人体寄生種のおもなものには,バンクロフトシジョウチュウ,マレーシジョウチュウBrugia malayiオンコセルカ,ロアシジョウチュウLoa loaなどがある。このうち前2者はリンパ系に寄生し,象皮病の原因となる。…

※「カ(蚊)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android