コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キジラミ キジラミ Psylloidea; jumping plant louse; lerp insect

2件 の用語解説(キジラミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キジラミ
キジラミ
Psylloidea; jumping plant louse; lerp insect

半翅目同翅亜目キジラミ上科に属する昆虫の総称。外形はセミによく似るがはるかに小型で,体長 2mm内外のものが多い。口吻は頭部下面後方から突出する。触角は普通 10節から成り,先端に2本の毛があることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キジラミ
きじらみ / 木虱
jumping plant lice

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目キジラミ科Psyllidaeに属する昆虫の総称。体長1~4ミリメートル(翅端まで2~6ミリメートル)の微小昆虫で、アブラムシ、カイガラムシ、コナジラミに近縁である。世界で約2000種、日本には150種以上が分布する。
 成虫は小さなセミのような形で、翅脈は少なく、独特な曲がり方である。成虫は植物体上にすみ、自由生活をする。幼虫の生活は種類によってさまざまで、自由生活をするもの、虫こぶ(虫(ちゅう)えい)をつくってその中で成長するもの、さらに貝のような殻で体を覆い隠すものなどがある。種によって寄生する植物もほぼ決まっていて、ナシにはナシキジラミ、ヤツデの葉にはヤツデキジラミがすみ、いずれも自由生活をする。トガリキジラミ類は虫こぶをつくり、クストガリキジラミはクスノキの葉に黒紫色の虫こぶをつくり、幼虫は葉裏から汁を吸う。また、ウコギトガリキジラミはヤマウコギの葉柄に紡錘形の虫こぶをつくり、その中に数匹の幼虫がすんでいる。エノキカイガラキジラミは、エノキの葉に虫こぶをつくり、さらに幼虫は体を二枚貝のような殻で完全に覆う。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キジラミの関連キーワードコバチ半翅類異翅類テングスケバ同翅類木虱キジラミ(木虱)トコジラミ(床虱)コナカゲロウ(粉蜻蛉)ツノゼミ(角蟬)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone