コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タミル族 タミルぞく Tamil

翻訳|Tamil

2件 の用語解説(タミル族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タミル族
タミルぞく
Tamil

インドスリランカに住む,おそらく最古の洗練されたドラビダ系の言語と文学をもつ民族。人口約 5700万と推定される。主としてタミルナードゥ,ケララカルナータカ,アンドラプラデーシュの各州と,スリランカ北部に居住している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タミル‐ぞく【タミル族】

Tamilインド南東部を中心にスリランカ北部などにも居住し、ドラビダ語族に属するタミル語を用いる民族。古くから海上交易を行い、王朝をたて独自のヒンズー文化を栄えさせた。東南アジア各地やアフリカなどへの移民が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タミル族の関連キーワードスリランカスリランカ美術タミルインド孔雀恐らくはフランス領ソマリランドおそらくは夢をお空でリラックステーマリラク泉スリランカの愛と別れ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone