タミル族(読み)タミルぞく(英語表記)Tamil

翻訳|Tamil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タミル族
タミルぞく
Tamil

南インド,スリランカに住む,おそらく最古の洗練されたドラビダ系の言語と文学をもつ民族。人口約 5700万と推定される。主としてタミルナードゥ,ケララ,カルナータカ,アンドラプラデーシュの各州と,スリランカ北部に居住している。タミル族の移民はマダガスカル,マレー半島,インドシナ半島,タイ,ミャンマー,南・東アフリカ,フィジー諸島,西インド諸島などにみられる。主として父系制であるが,下層階級には母系制もみられる。イスラム教徒もキリスト教徒もみられるが,伝統的にバクティと呼ばれる献身的なヒンドゥー教が盛んである。ギリシア・ローマ人と交易した記録があり,タミル文学はサンスクリット文学と並ぶ,インド最古の伝統をもっている (→ドラビダ文学 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android