タラワ島(読み)たらわとう(英語表記)Tarawa

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タラワ島
たらわとう
Tarawa

太平洋中部、ミクロネシアキリバスギルバート諸島)にある環礁。南側22キロメートル、東側29キロメートル、斜辺37キロメートルの直角三角形をなし、西に開いたラグーンはギルバート、エリス、フェニックスの各諸島を通じて最良の停泊地である。人口3万2354(1995)。17の小島のうち南側のバイリキ島にキリバスの首都が置かれ、その西隣ベティオBetio島との間をつなぐ道路が建設されて、病院、学校、商店その他が両島に集約されている。戦略上の要地にあり、太平洋戦争中の1941年(昭和16)日本軍が占領、43年11月21日アメリカ軍が上陸、北方のマキン島とともに激戦が展開され、25日に日本軍は壊滅した。[大島襄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

タラワ‐とう〔‐タウ〕【タラワ島】

Tarawa》太平洋中部、キリバス領の島。ギルバート諸島北部に位置する環礁であり、首都タラワがあるバイリキ島をはじめ、ボンリキ島、ベシオ島など、大小20以上の島からなる。第二次大戦における日米の激戦地となり、ベシオ島には戦没者慰霊碑がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

タラワ‐とう ‥タウ【タラワ島】

(タラワはTarawa) 太平洋中央部、ミクロネシアのギルバート諸島(キリバス共和国)にある環礁。一七の小島からなり、最南部のバイリキ島に首都タラワ(バイリキ)がある。総面積二三平方キロメートル。第二次世界大戦の激戦地で、日本軍将兵五千人が玉砕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android