コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルト タルト 〈オランダ〉taart

11件 の用語解説(タルトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タルト(〈オランダ〉taart)

ゆずあんをカステラで巻いた菓子。愛媛県松山の名産。

タルト(〈フランス〉tarte)

パイの一種。果物などをパイ皮の上にのせて焼いたもの。タート

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タルト

パイ菓子の一種で,パイ生地の上に果物,カスタードクリームジャムなどをのせたもの。他に愛媛県松山の名物菓子で,ユズ入りのアズキ餡(あん)を柔らかく焼いたカステラで巻いた棹(さお)菓子もタルトと呼ぶ。
→関連項目パイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

タルト

 (1) あんをカステラで巻いた菓子.(2) 果物の入った薄いフランスの小型のパイ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

タルト【tarte(フランス)】

洋菓子の一種。パイ生地やビスケット生地を型に敷いて焼き、各種のクリーム・果物・チーズなどを詰めたもの。具材を詰めてから焼くものもある。菓子をさすことが多いが、塩味の具材をのせた料理もある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

タルト

愛媛県松山市で主に活動するキャラクター。タルトレンゴウ所属。同県の郷土菓子「タルト」をイメージ。伊予弁を話す宇宙人。地域の活性化の目的で個人が制作。おもに県内でグッズ展開をしている。

タルト

愛媛県の名物菓子。こし餡をカステラ生地で巻いたロール状の半生菓子

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タルト【tarte[フランス]】

パイの一種。ふつう薄くのばした練り込みパイ生地を円形のタルト型に敷き,果物,カスタードクリーム,ジャムなどを詰めてオーブンで焼くか,生地だけを先に焼いてから材料を詰めたもので,とくに上にパイ生地をかぶせないものを指す。イギリスでは一般に浅いものはタルト,深いものはパイと区別し,上にもパイ生地をかぶせた平たい果物のパイをタルトと呼ぶこともある。フランスでは,フランという底のない型を用いることからフランflanと呼ぶことも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

タルト【taart】

南蛮菓子の一。ゆずあんをカステラで巻いた生菓子。松山名産。

タルト【tarte】

パイ生地またはビスケット生地を型に入れて焼き、クリームや果物をのせた菓子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タルト
たると
tarteフランス語

洋菓子の一種。小麦粉バターを混ぜ合わせた生地(きじ)をタルト皿に敷き、果物、ジャム、チョコレート、クリームなどの中身を詰めて焼く。先に生地だけを焼いて後から中身を詰めるのもある。普通8人前か10人前に切り分けて供するが、小形のものをとくにタルトレットtarteletteという。
 愛媛県松山市のタルトは、ゆず餡(あん)をカステラで巻いた和洋折衷の生菓子で、松山名物である。1645年(正保2)に長崎探題となった松山藩主久松定行(ひさまつさだゆき)が、出島のオランダ商館で賞味したのがきっかけと伝えられる。その味が忘れられず、帰任後に城下の菓子屋に命じてつくらせた菓子というが、当時の松山のタルトはこし餡を軽羹(かるかん)で巻いた菓子とも伝えられており、南蛮菓子とはほど遠いものであった。一説では1787年(天明7)に松平定信(さだのぶ)が倹約令を発し、南蛮菓子製造を禁じたので、姿を変えて継承されたともいう。タルトがロールカステラ風になったのは現代のことである。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタルトの言及

【パイ】より

… 練込みパイ生地の菓子には,円形のパイ皿に生地を敷き,果物を詰めて焼いたり,あるいはパイ皿に敷いた生地を先に焼いてから中にカスタードクリームなどを詰めたり,その上にさらに果物やナッツ類を飾ったものなどがある。このような上から生地をかぶせないパイは,タルトと呼ぶことが多い。タルトレットtarteletteはタルトの小型のもの,バルケットbarquetteは小さな舟型で焼くもの。…

※「タルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タルトの関連キーワード煎餅引っ摘み折込みパイ生地練込みパイ生地ブリゼ生地烏賊煎餅魚煎餅折り込みパイ生地練り込みパイ生地パイ生地

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タルトの関連情報