コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイアピル diapir

岩石学辞典の解説

ダイアピル

周囲の岩石と比重の差のある流動性の岩体の塊が浮力で垂直に移動して,その上部の地層などに貫入して形成された構造.この例には岩塩が浮力でダイアピルとして上昇し,その周囲にドーム状の構造を作ることが知られている.同様に花崗岩などの深成岩体がダイアピル状に上昇してダイアピル・プルトンを形成する.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダイアピル【diapir】

地下で,流動しやすい岩石や地層がその上方にある流動しにくい岩石や地層を押し上げながらその中へ塑性的にしぼりだされるように貫入して形成される円頂丘状の地質構造で,このような現象をダイアピリズムdiapirismという。岩塩ドームの例が最も有名である。岩塩ドームの形成が浮力に基づくものであることを初めて指摘したのは,スウェーデンの化学者S.A.アレニウスであった。地下のある深さ以上のところでは,砕屑岩の密度は岩塩の密度より大きくなることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダイアピルの関連キーワード花崗岩系列鉱床

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android