コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイアンサス Dianthus

翻訳|Dianthus

大辞林 第三版の解説

ダイアンサス【Dianthus】

ナデシコ科ナデシコ属の総称。世界に約100種ある。カーネーション・セキチク・アメリカナデシコなど園芸品種も多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ダイアンサス

ナデシコ科の一属で,北半球に多く分布し,約300種ほど。大部分多年草。茎に節があり葉は対生し披針形。花は頂生し単生か集散あるいは散形状の花序につく。昔から観賞用に栽培され,互いに交雑しやすいので多くの園芸種もできている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイアンサス
だいあんさす
[学]Dianthus

ナデシコ科ナデシコ属の総称。大部分が耐寒性多年草であるが、一年草もある。アジア、アメリカ、アフリカ北部、ヨーロッパに約100種あり、日本にはフジナデシコ(ハマナデシコ)、エゾカワラナデシコなど4、5種分布する。カーネーションもこの仲間である。茎は高さ約50センチメートルで数本立ちになることが多く、葉は対生する。花は頂生し、集散または円錐(えんすい)花序となる。萼(がく)は筒状で先端は5裂し、3対以上の小包葉がある。花期は普通は5~7月であるが、秋咲きや四季咲きもある。花弁は普通は5枚で、弁先に欠刻がある。雄しべは10本。花柱は2本。
 多くの園芸品種があり、おもなものはナデシコ、セキチク、アメリカナデシコ(ビジョナデシコ)などで、ほかにミカドナデシコ、大文字ナデシコなど多数の改良品種が育成されている。近年はファイアーストーム、マジックチャームなど一代雑種も多くつくられている。
 播種(はしゅ)から発芽までの環境の違いによって成長が大きく左右されるため、品種別に定められた播種適正期は正確に守ることが重要である。秋播(ま)きのものはなるべく早くする。ことにアメリカナデシコは8月下旬まで、大文字系は9月上旬まで(寒地はそれぞれさらに早く)とする。ただし、暑いときに播くので播種床は日よけをつくり、9月下旬~10月中旬には定植を終了させる。[魚躬詔一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のダイアンサスの言及

【ナデシコ(撫子)】より

…7~11月,茎の先に径1.5cm前後の紫色をおびた桃色の花をかたまってつける。【三木 栄二】
[園芸種]
 ナデシコ属の植物は,赤色,桃色などの花もきれいなため,数十種が園芸植物として栽培され,ダイアンサスの総称名で呼ばれる。また種間の交雑が容易で,多くの雑種起源の園芸品種も育成され,八重咲きの品種も多く作出されている。…

※「ダイアンサス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダイアンサスの関連キーワードヒゲナデシコイセナデシコナデシコ科セキチクトコナツ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android