コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイミョウセセリ ダイミョウセセリ Daimio tethys

4件 の用語解説(ダイミョウセセリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイミョウセセリ
ダイミョウセセリ
Daimio tethys

鱗翅目セセリチョウ科。前翅長 17mm内外。翅は黒色で,前翅に白色斑がある。後翅は,中部地方以北のものは黒一色,関西地方以西のものには白色帯があり,別亜種とされるが,中間域があり,両者の差は不明瞭である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダイミョウセセリ

鱗翅(りんし)目セセリチョウ科の1種。開張35mm内外,黒色で前翅に白斑がある。北海道を除く日本各地,朝鮮,中国,台湾などに分布。幼虫はヤマノイモなどの葉を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ダイミョウセセリ【Daimio tethys】

鱗翅目セセリチョウ科の昆虫(イラスト)。翅の地色は黒色で,前翅に白紋があり,この白紋が大名の着る裃(かみしも)の紋のように見えるところからこの名がつけられたともいわれている。開張3.5~4.2cm。分布はミャンマー,中国から朝鮮半島を経て日本に及び,日本では北海道南部から本州,四国,九州にかけて分布する。低山地に見られ,年2~3回の発生。成虫は4月中旬から10月中旬ころまで見られ,森林の周辺や疎林の内部にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイミョウセセリ
だいみょうせせり / 大名
[学]Daimio tethys

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリチョウ科に属するチョウ。北海道渡島(おしま)半島以南の日本本土(九州まで)に分布するが、種子島(たねがしま)、屋久島(やくしま)以南の南西諸島には産しない。国外では朝鮮半島、中国、台湾、ミャンマー(ビルマ)北部などに分布する。はねの開張35ミリメートル内外。はねの表は地色黒色、前ばねには白色半透明の数個の白斑(はくはん)があり、また関西地方から四国、九州に産するものは後ろばねに白帯が現れる。この白帯の現れるものを関西型、この白帯のないもの(現れても痕跡(こんせき)的なもの)を関東型という。関東地方の平地およびそれ以南の暖地では年3回の発生(5月、7月上旬から中旬、8月中旬から下旬)、山地および以北の地域では年2回の発生にとどまる。林地のチョウで、渓流沿いの山道路傍などに多く、好んで緑葉上に止まるが、その場合はチャマダラセセリ亜科の通性としてはねを水平に広げる。幼虫の食草はヤマノイモ、オニドコロ、ツクネイモなどのヤマノイモ科植物で、幼虫は葉を巻き、あるいは綴(つづ)ってその中に潜んでいる。幼虫態で冬を越す。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイミョウセセリの関連キーワードアオバセセリミヤマセセリ青翅挵挵蝶大名挵蝶茶翅挵蝶キマダラセセリアカセセリセセリチョウ(挵蝶)セセリモドキガ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone