コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイヤル The Dial Corp.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイヤル
The Dial Corp.

アメリカのコングロマリット。 1914年 C.ウィックマンと A.アンダーソンがミネソタ州の鉱山地区でバス輸送会社グレイハウンド・ラインズとして創業。 26年グレイハウンドを設立して持株会社となる。有力企業の吸収などで多角化を推進。貨物輸送,バス製造,航空機,鉄道車両,コンピュータのリース事業やレストラン経営,旅行代理店業務,損害保険業を行なっていたが,70年にはアメリカ第2の食肉加工会社アーマー・アンド・カンパニーを買収して食品分野へ進出。その他各種雑貨,家庭用品の販売も行なった。 87年グレイハウンドバス事業売却を含む再編計画完了。 91年グレイハウンドから現社名に変更。 92年金融サービス部門を分離,93年バス製造部門を売却し,消費者向け製品とサービス事業の拡大にシフトを移した。 96年,消費者製品,家庭用品,貯蔵食品の各部門をスピンオフし,石鹸,洗剤,芳香剤,缶詰め肉などを主力商品とする。 97年アルゼンチンのヌーボ・フェデラル社を買収。年間売上高 13億 6300万ドル,総資産8億 8400万ドル,従業員数6万 4900名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダイヤル(dial)

《「ダイアル」とも》
自動式電話機の回転数字盤。また、それを回して電話をかけること。
ラジオの周波数を合わせるつまみ。また、その目盛り盤。
時計・羅針盤などの指針盤。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ダイヤル【dial】

( 名 ) スル
古い型の電話器の、数字の書いてある文字盤。また、電話をすること。 「内線一〇番に-して下さい」
ラジオ・テレビの周波数を示してある目盛り盤。また、それを動かすつまみ。 「 -を合わせる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ダイヤルの関連キーワードダイヤルオンデマンドルーティングInternet Connectオンデマンドダイヤルアップ着信短縮ダイヤルサービスダイヤルアップIP接続ダイヤルアップ接続オートダイヤリング災害用伝言ダイヤルクイックダイヤルアクセスポイントテレコンピュータダイヤルアウトトーン/パルスアナログポートオートダイヤルブロードバンドパルスダイヤルS/T点端子プッシュ回線プッシュホン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダイヤルの関連情報