ダイレクトメール(英語表記)direct mail

翻訳|direct mail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイレクトメール
direct mail

郵送などの手段により,広告主の選んだ特定の人々を対象として,印刷された広告物を配布する広告方法。またその広告物をさすこともある。略称 DM。俗に宛名広告などといわれる。(1) 広告訴求対象を厳選できる,(2) 広告の時期,地域,回数,予算が自由である,(3) 形,大きさ,色彩,量についての制限はなく,思いきった広告表現が可能である,(4) 個人的メッセージの形式をとり,広告としては読まれる率が高いなどの利点があるが,1人あたりの広告単価では最も高価な媒体でもある。DMの成否は送り先リストの整備の度合いに依存しているといわれる。DMの創始者 H.ホークを生んだアメリカ合衆国をはじめ,日本でも DMは印刷されたセールスマンとして,新聞,テレビ等と並び活用されている。(→広告

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダイレクト‐メール(direct mail)

個人あてに直接送りつける広告。広告主が特定の個人あてに郵便メール便を使って直接メッセージを送付すること。宛名広告。郵送広告。DM。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ダイレクトメール【direct mail】

個人あてに直接郵送する宣伝広告。あて名広告。 DM 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ダイレクト‐メール

〘名〙 (direct mail) デパート、企業、商店などが、特定の個人客に郵送する広告印刷物やカタログなど。DM。〔整理学(1963)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダイレクトメールの関連情報