初節句(読み)はつせっく

妊娠・子育て用語辞典の解説

はつせっく【初節句】

生まれてめて迎える節句。節句は江戸時代「入日じんじつ)1月7日:七草」「上巳(じょうし)3月3日:桃の節句」「端午(たんご)5月5日:菖蒲の節句」「七夕(しちせき)7月7日:七夕」「重陽(ちょうよう)9月9日:菊の節句」の5つとなり、当時は桃の節句=女の子、菖蒲の節句=男の子といった区分けはなく、おりおりの節句を祝ったそうです。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

日本文化いろは事典の解説

初節句

初節句とは、誕生後初めての節句(季節の変わり目を祝う日)のことで、男の子は5月5日の端午の節句、女の子は3月3日の上巳の節句のことを指しています。ただし、誕生後21日以内に節句が来る場合は、翌年から行うようです。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はつぜっく【初節句】

生まれた子が初めて迎える節句。女子は三月三日、男子は五月五日。
特に、男子の初めての節句。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初節句の関連情報