コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

優越感 ユウエツカン

デジタル大辞泉の解説

ゆうえつ‐かん〔イウヱツ‐〕【優越感】

自分が他人よりすぐれているという感情。「優越感を抱く」⇔劣等感

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうえつかん【優越感】

自分が他人よりすぐれているという感情。 ⇔ 劣等感 「 -に浸る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

優越感
ゆうえつかん
superiority complex

競争場面において、他者よりも自分のほうが優れているという評価を得たときの喜びを伴う情。アドラーは、権力欲、支配欲との関連でこの感情に注目し、優越感の背後に劣等感が存在することを指摘した。すなわち、自分がほかのだれよりも優れているという感情をもちやすい傾向のある人物は、実際に優れているのでなく、自分の劣等感を過度に補償しようとして妄想的に自分が優れていると考えようとするという。劣等感を補償することは、社会的にマイナスになるとは限らないが、過補償となると適応上の問題を引き起こすことがある。[外林大作・川幡政道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

優越感の関連キーワードアドラー(Alfred Adler)シュペリオリティーコンプレックススペリオリティーコンプレックスマニフェスト・デスティニーシュウービーヤ運動ダイレクト・メールコンプレックス補償(心理学)ペルシア戦争フロイト学派ジェンダー保田与重郎能力別学習自己感情階級意識階層意識スノッブ阿Q正伝見世物優秀児

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

優越感の関連情報