コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダウソン Dowson, Ernest Christopher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダウソン
Dowson, Ernest Christopher

[生]1867.8.2. ケント,リー
[没]1900.2.23. ロンドン
イギリスの詩人,短編作家。退廃的な世紀末文学者の一人。短い生涯は病気がちで,放縦な生活が死を早めた。 1888年オックスフォード大学を中退。 W.H.ペーターの唯美主義の影響で詩と散文を書き,「詩人クラブ」 Rhymers' Clubの一員となる。主著は,短編集『ジレンマ』 Dilemmas (1895) ,『詩歌集』 Verses (96) ,詩劇『はかなき恋のピエロ』 The Pierrot of the Minute (97) ,『詩集』 Poems (1905) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ダウソン

英国の詩人。長くフランスに住み,世紀末文学を代表する一人。《詩集》(1896年),詩劇《はかないピエロ》(1892年)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダウソン【Ernest Christopher Dowson】

1867‐1900
イギリス世紀末の詩人。キーツやフランス象徴派の詩の影響をうけ,近代的な憂鬱と倦怠に満ちた,夢のようにはかない詩を書いた。田園のリリシズムに,デカダン倒錯の美が加わった多彩な詩風が特色である。ビアズリーの挿絵つきの《詩集》(1896),憂愁の色濃い《装飾》(1899),一幕物の幻想劇《はかないピエロ》(1893)のほか,ゾラバルザックなどの翻訳もある。昔の女への恋歌《シナラ》は有名。失恋と肺結核に苦しみ,33歳で死亡した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダウソン
だうそん
Ernest Christopher Dowson
(1867―1900)

イギリスの詩人。世紀末派詩人の1人。若いころ両親が相次いで自殺するという不幸にみまわれた。彼自身も病弱で、青白い繊細な感受性の持ち主であった。オックスフォード大学を中退、フランスに渡り帰国後、ペイターの影響下にある「ライマーズ・クラブ」の詩人たちと交わり、『イエロー・ブック』『サボイ』などの雑誌に寄稿する。のちカトリックに改宗。小説『仮面の喜劇』(1893)、短編集『ジレンマ』(1895)などがあるが、永遠の女性「シナラ」に呼びかけた叙情詩が結晶度の高い傑作で、『詩歌集』(1896)がある。1900年2月23日没。[出淵 博]
『関川左木夫訳『ダウソン詩集』全二巻(1975・大雅堂) ▽平井呈一訳『ディレムマ、その他短篇小説』(1972・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ダウソンの関連キーワードシモンズ(Arthur Symons)ルー マリノフデカダンス日没の歌8月2日イェーツ英国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android