コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダコタ だこたDakota

翻訳|Dakota

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダコタ(民族)
だこた
Dakota

アメリカ合衆国、グレート・プレーンズに居住する北米平原先住民集団(アメリカ・インディアン)。スー(シュー)Siouxともいう。「スー」はアルゴンキン系集団からの呼び名で、自らは「ダコタ」と称する。言語はスー語族のスー語。東部の森林地帯から西部のミズーリ川流域まで広がり、七つのグループに分かれていた。平原諸先住民中最強の勢力を誇り、白人の侵入に対してもっとも激しく抵抗したことで有名である。とくに1876年シッティング・ブルSitting Bull(1834―90)らに率いられて、カスター将軍指揮下の第七騎兵隊を全滅させたリトル・ビッグ・ホーンの戦いは名高い。また1890年ウンデッド・ニーにおいて虐殺され、先住民の反抗の最後を印したのもダコタであった。
 生活は他の平原先住民と基本的に変わらない。採集狩猟と簡単な農耕を組み合わせていた経済生活が、馬の導入と同時にバッファロー狩りに全面的に依存するようになった。ティピとよばれる円錐(えんすい)形のテントに住み、バンド(数家族からなる政治・経済上の共同集団)に分かれて暮らしていたが、各バンドは独立しており、リーダーは予知力や武勇といった個人的能力に従って選ばれた。また、太陽踊りという苦痛に満ちた宗教儀礼が重要である。現在でもダコタは人数も多く(合衆国内に約9万人)、先住民復権運動に重要な役割を果たしている。[木村秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダコタの関連キーワードシュー(民族)スー・シティ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダコタの関連情報