ダコタ(読み)だこた(英語表記)Dakota

翻訳|Dakota

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダコタ(民族)
だこた
Dakota

アメリカ合衆国、グレート・プレーンズに居住する北米平原先住民集団(アメリカ・インディアン)。スー(シュー)Siouxともいう。「スー」はアルゴンキン系集団からの呼び名で、自らは「ダコタ」と称する。言語はスー語族のスー語。東部の森林地帯から西部のミズーリ川流域まで広がり、七つのグループに分かれていた。平原諸先住民中最強の勢力を誇り、白人の侵入に対してもっとも激しく抵抗したことで有名である。とくに1876年シッティング・ブルSitting Bull(1834―90)らに率いられて、カスター将軍指揮下の第七騎兵隊を全滅させたリトル・ビッグ・ホーンの戦いは名高い。また1890年ウンデッド・ニーにおいて虐殺され、先住民の反抗の最後を印したのもダコタであった。
 生活は他の平原先住民と基本的に変わらない。採集狩猟と簡単な農耕を組み合わせていた経済生活が、馬の導入と同時にバッファロー狩りに全面的に依存するようになった。ティピとよばれる円錐(えんすい)形のテントに住み、バンド(数家族からなる政治・経済上の共同集団)に分かれて暮らしていたが、各バンドは独立しており、リーダーは予知力や武勇といった個人的能力に従って選ばれた。また、太陽踊りという苦痛に満ちた宗教儀礼が重要である。現在でもダコタは人数も多く(合衆国内に約9万人)、先住民復権運動に重要な役割を果たしている。[木村秀雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダコタの関連情報