ダスター

精選版 日本国語大辞典「ダスター」の解説

ダスター

〘名〙 (duster)
ちりほこりを払う道具。はたき、ぞうきんなど。〔万国新語大辞典(1935)〕
② 「ダスターコート」の
※太陽の季節(1955)〈石原慎太郎〉「真白いダスターに黒いタイツを穿いている」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ダスター」の解説

ダスター【duster】

散粉機のことで,送風機の送風によって粉剤農薬を散布する防除機である。ダスターはアメリカで発達した機械であるが,日本へは第2次大戦後導入され,広く使われるようになった。ハンドルを手で回して送風ファンを回転させる人力散粉機と,エンジンあるいはトラクター動力取出軸(PTO軸)の動力で駆動する動力散粉機がある。主要部の構造は,粉剤タンク,かくはん装置,粉送り装置,送風機,噴頭などからなっており,タンクの粉剤をほぐしながら粉送りを円滑にし,送風機からの風に乗せて均一に散布できるようになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android