コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダリア Dahlia pinnata; dahlia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダリア
Dahlia pinnata; dahlia

キク科の多年草。夏の花として世界各国で最も普通に植えられている。もともとはメキシコ高原地方原産の2,3の野生種の交配によって育成された。地下に紡錘形の肥大した塊根があり,春に芽を出す。茎は中空で高さ1~2mになり,羽状に深裂した葉を対生する。初夏から秋にかけて,枝先に大型の頭状花を横または下向きに開く。色は紅,黄,白,紫などさまざまで,花径も大輪のものは径 30cm以上に達する。 19世紀にイギリスを中心に品種改良が進み,品種は1万以上あるといわれる。咲き方によりいくつかの系統に分類される。そのおもなものは,シングル咲き,カクタス咲き,デコラチューブ咲き,ピオニー咲き,ポンポン咲き,コラレット咲きなどである。これらはいずれも頭花を形成する花が全部舌状花 (いわゆる八重咲き) か,中心部に管状花が残るか,また舌状花冠の形,巻き方,切れ込みなどによる印象的な区別である。塊根に多量のイヌリンが含まれ果糖製造の原料ともなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ダリア

キク科の球根多年草でメキシコや中南米が原産地。江戸期にオランダから持ち込まれたとされ、「天竺牡丹(てんじくぼたん)」と呼ばれた。ダリヤの名が定着したのは江戸末期。川西町では1954年に愛好者が「花の会」を結成し、後に「ダリヤ会」と改称した。川西ダリヤ園は60年に開園。町の花は75年に「ダリヤ」と決まった。

(2010-09-26 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダリア(dahlia)

キク科の多年草。高さ1.5~2メートル。地下の塊根から芽が出る。葉は羽状に裂ける。夏から秋にかけ赤・紫・黄色などの大形の花が咲く。メキシコ原産。観賞用に栽培され、多くの品種がある。名はスウェーデンの植物学者A=ダール(Dahl)にちなむ。天竺牡丹(てんじくぼたん)。ダリヤ。 夏》「曇る日は曇る隈(くま)もつ―かな/耒井」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ダリア

中米原産のキク科の一属。多年草で,約20種が知られているが,園芸的に春植え球根植物として多く栽培されるのは交雑品種である。18世紀末頃野生種がヨーロッパに紹介され,そこで改良されて今日見るようなさまざまの花型の多数の園芸品種ができた。地下の塊茎にはイヌリンを含む。茎の高さは40cmくらいの矮(わい)性品種から,2m以上になる高性品種まである。葉は対生で1〜3回の奇数羽状に深裂。夏〜秋,茎頂に頭花をつけるが,舌状花は一般に不完全花で,筒状花は両性花である。花径は巨大輪で25cm内外,小輪では約6cm。花壇用には巨大輪のデコラチブ咲・カクタス咲,切花用にはアネモネ咲・ポンポン咲が向くが,このほかコラレット咲,ショー咲,シングル咲,ピオニー咲,フリル咲等がある。巨大輪品種は冷害を受けやすいので塊根を掘り上げて貯蔵する。ふつう株分けでふやす。1842年オランダ船により渡来しテンジクボタンと呼ばれた。
→関連項目球根

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダリア【dahlia】

キク科の不耐寒性多年草で,花壇,切花,鉢植えと広範囲に使われる代表的な球根草花(イラスト)。草丈は30cmから2mくらい,地下にサツマイモに似た塊根(イラスト)をもつ。塊根が茎に付着する部分からのみ発芽し,多肉質の肥大部分には芽をもたない。葉は緑色,まれに紫褐色をおび,対生ときに3輪生となり,羽状複葉で葉縁に鋸歯をもつ。茎は有節で内部は空洞。花はキクと同じように花弁と呼ばれる舌状花とおしべめしべを備えた管状花が多数集まった頭状花で,主茎と側枝の先に初夏から秋末まで断続的に開花する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ダリア【Dahlia】

キク科の多年草。メキシコ原産。観賞用に栽培。根は塊根で紡錘形に肥厚。高さ1~2メートル。葉は羽状複葉。夏から秋にかけ、頂に径5~15センチメートルの頭花をつける。花は一重または八重で、紅・白・黄・紫など、花色も花形も種類が多い。天竺牡丹。ダリヤ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダリア
だりあ
[学]Dahlia pinnata Cav.

キク科の春植え球根草。天竺(てんじく)(インド)から伝えられたボタンの意味から、和名をテンジクボタン(天竺牡丹)という。メキシコおよび南アメリカの山地の原産。地下に大きい塊根があり、肥大部には芽はなく、塊根が茎に付着している基部から新芽を出す。茎は太く空洞で高さ0.3~1.5メートルとなり、各節から葉が対生する。葉は羽状に裂け、表面は濃緑色で裏面はやや白みを帯びる。夏から秋、分枝の先に径3~30センチメートルの頭花を開く。切り花用、花壇用とし、多くの品種があり、高性種から矮性(わいせい)種まである。[吉次千敏]

花形と品種

現在の園芸種は遺伝的に複雑で、花形、花色が豊富である。また花の大きさは小輪から巨大輪まであるが、花形によって、大まかに次の11系統に分類されている。
(1)デコラティブ咲き 八重咲きで舌状花は規則正しく配列して一般に広く、弁先は鈍くとがる。品種は榛原(はいばら)の里(紫紅色)、祝盃(しゅくはい)(赤色で弁先が白色)など。花径6~10センチメートル。
(2)カクタス咲き 八重咲きで舌状花の大部分の縁(へり)は外巻きになり、弁先は細い。品種は如月(黄色)、結晶(白色)など。花径7~10センチメートル。
(3)アネモネ咲き 外側の舌状花が中央の管状花を取り囲み丁字型となる。品種はコメット(紅色に弁先は黄色)、朝日丁字(白色に緋(ひ)赤色の覆輪)など。花径5~7センチメートル。
(4)コラレット咲き 舌状花のおのおのに1~3枚のカラがある。品種は笑顔(桃色)、雪の窓(白色)など。花径6~8センチメートル。
(5)フリル咲き 弁先が割れて裂弁となり、房状に咲く。品種はムレタ(輝赤色)、フェノメノン(桃紅色)など。花径5~7センチメートル。
(6)ポンポン咲き 舌状花が管状で短く、ほとんど球状となる。品種は紅玉(濃紅色)、黄玉(黄色)など。花径3~5センチメートル。
(7)ショー咲き ポンポン咲きの中・大輪のもの。品種はシャーロット(橙(だいだい)色)、小桜(桃色)など。花径5~6センチメートル。
(8)シングル咲き 広く平滑な舌状花で、重なり合わず、弁先が離れるものや、2~3列の舌状花をもち中心部が管状花のみからなるものがある。花径5~7センチメートル。
(9)巨大輪咲き 花径15~30センチメートルの巨大輪で、花弁はデコラティブ型やカクタス型である。品種は銀盤(白色)、王冠(純黄色)など。
 ほかに(10)ピオニー咲き、(11)オーキッド咲きなどがあるが、品種は少ない。[吉次千敏]

栽培

塊根が茎に付着する場所から新芽が出るので、かならず親茎を分割し、芽のあることを確認してから株分けをする。園芸店で購入する場合も確実に芽のあるものを入手する。これを3月下旬~4月中旬にフレーム内に伏せ込み、降霜がなくなってから、芽が出始めたものを花壇または畑に定植する。大輪種で80センチメートル、中輪種で60センチメートル、小輪種で50センチメートル間隔に1球ずつ植える。長期間花をつけるので、肥料切れしないように、元肥として油かす、乾燥牛糞(ぎゅうふん)、腐葉土、有機化成肥料、草木灰などをよく混ぜ十分施す。茎が約15センチメートルくらいに伸びたころ、支柱を立て倒伏を防ぐ。6月上・中旬に一番花が咲き、その後わき芽が伸びて二番花が咲く。7月下旬には高温のため一時花が咲かなくなるので、枝を切り戻し、株の周囲に追肥を施すと、ふたたび9月中旬から晩秋まで咲き続ける。霜で茎葉が枯れ始めたら塊根を掘り上げ暖かい場所に貯蔵する。近年は実生(みしょう)の品種もあり、3~4月にフレーム内に播種(はしゅ)し、5月下旬に花壇に植える。[吉次千敏]

文化史

アステカ人がスペイン人の到達以前から栽培していたといわれるが、最初の正確な記述は、スペインの博物学者フランシスコ・エルナンデスFrancisco Hernandez(1515―78)がメキシコ調査中にまとめ、死後出版された『新スペイン動植鉱物誌』(1651)である。ヨーロッパには1789年、スペインの植物学者ビセンテ・セルバンテスVicente Cervantes(1759?―1829)が、マドリードの宮廷植物園のホセ・カバニレスAntonio Jos Cavanilles(1745―1804)に種子を送り、カバニレスによってスウェーデンの植物学者アンドレアス・ダールAndreas Dahlを記念して、ダリアの名が与えられた。19世紀の初頭にダリアの栽培と品種改良がヨーロッパ各国で相次いで始まり、ナポレオンの皇后ジョゼフィーヌも一時は熱中し、社交界の話題となった。1830年には品種が1000を超え、1955年には3万を数えるに至った。日本には天保(てんぽう)年間(1830~44)ごろに渡来し、天竺牡丹(てんじくぼたん)の名で、幕末、江戸など一部でもてはやされた。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダリアの関連キーワードサスペリア PART 2/紅い深淵サスペリア・テルザ/最後の魔女マーワラー・アンナフル秋田県秋田市雄和妙法山形県東置賜郡川西町ジェームズ エルロイ東京都町田市山崎町ダリア・ディヴァンダリア・ノワールコーカンドハン国クズイルオルダ州トゥルキスタンポンポンダリアキジルクームシルダリア川ナマンガン州ソグディアナアムダリアアピゲニンフェルガナ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダリアの関連情報