ダルクローズ(英語表記)Dalcroze, Émile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダルクローズ
Dalcroze, Émile

[生]1865.7.6. ウィーン
[没]1950.7.1. ジュネーブ
スイスの音楽教育者,作曲家。本姓 Jaques-Dalcroze。ユーリズミックス (→リトミック ) の創始者。ジュネーブの音楽教師であったときに,学生を対象にリズム感の養成のために音を身体の運動に還元する方法を考えたのが,このユーリズミックスの始りといわれる。 1910年ドイツのヘレラウに学校を,14年ジュネーブに研究所を設立して本拠とし,その論理の普及に努めた。 V.ニジンスキーがこの方法によって『牧神の午後』『春の祭典』を振付けたのをはじめ,M.ランバート,M.ウィグマンら多くの現代舞踊家に多大な影響を与えた。著書に"Méthode Jaques-Dalcroze" (5巻,1907~14) ほかがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダルクローズ(Émile Jaques-Dalcroze)

[1865~1950]スイスの音楽教育家。ウィーン生まれ。リズムと身体運動を結びつけた教育方法リトミックを創始し、世界各国の音楽教育・舞踏教育に大きな影響を与えた。ジャック=ダルクローズ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ダルクローズ【Émile Jaques-Dalcroze】

1865~1950) オーストリアの音楽教育者。リトミックを創始し、世界の幼児教育に影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダルクローズ
だるくろーず
mile Jaques-Dalcroze
(1865―1950)

スイスの音楽・舞踊教育家。ウィーンに生まれ、ジュネーブに死す。ブルックナーなどに音楽を学び、1892年ジュネーブの音楽院の教師となり、音を身体運動に移し換えることによってリズム感をよくする教育方法「ユーリズミック」eurhythmics(別称「リトミック」rythmique、フランス語)を発明した。1910年にはドイツのヘレラウに研究所をつくり、多くの生徒を送り出したが、ウィグマン、ホルム伊藤道郎(みちお)などの舞踊家もここに学んだ。22年に『リズム、音楽、教育』を著した。ニジンスキーがリトミックを使ってストラビンスキーの『春の祭典』(1913)を振り付けたのは有名な話である。リトミックは世界各国の音楽教育、舞踊教育に多大な影響を与え、日本でも岩村信雄(のぶお)、小林宗作(そうさく)はじめ、多くの信奉者を生み、幼児教育のなかに浸透している。[市川 雅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android