ダルメシアン(英語表記)dalmatian

翻訳|Dalmatian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダルメシアン
dalmatian

イヌの1品種。アドリア海沿岸のダルマチア (現クロアチア) 地方が原産地とされる大型犬。軍用の歩哨犬として用いられたこともあるが,四輪馬車の護衛用に伴走していたために馬車犬として知られていた。アメリカでは消防士マスコットとしても親しまれている。なめらかな被毛をもち,子犬の頃は白い毛色であるが,成長するにつれて,白地に黒または茶の丸い斑点 (はんてん) が現れてくる。体質は堅固,骨格は頑健で筋肉が発達している。頭骨は扁平,耳は高くつき丸みのある先端に向け細くなる。体高は約 48~58.5cm,体重は約 23~25kg。ディズニーアニメーション映画101匹わんちゃん大行進』によって注目を集めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダルメシアン

イヌの一品種。体高47〜58cm,体重20〜23kg。旧ユーゴスラビア原産の家庭犬。厳密な原産地は不明だが,名称は最も数多く存在したクロアチアのダルマティア地方に由来。短毛の白地に黒または赤褐色の斑点が散在するのが特徴。持久力があり,馬車の護衛犬としても用いられた。ディズニー映画《101匹わんちゃん大行進》で人気が急に高まった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

ダルメシアン【Dalmatian】

クロアチアのダルメシア地方原産の大型犬。白地に黒などの斑点模様が特徴。馬をリードして走る馬車犬であった。ディズニー映画「101匹わんちゃん」(1961年)の主人公が、この品種。生まれてすぐは全身白色であるが、生後2週間頃から徐々に斑が現れる。JKCでは、第6グループ(嗅覚ハウンド)に分類する。

出典 講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ダルメシアン【Dalmatian】

イヌの一品種。クロアチアのダルマチア地方原産。体高55~60センチメートル。体形はポインターに似る。短毛で、白地に黒色か暗赤茶色の小斑が全身に散る。鳥猟犬・番犬として用いる。ダルマシアン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダルメシアン
だるめしあん
Dalmatian

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、クロアチア地域原産。短毛で筋肉のよく発達した中形犬で、体形はポインターに似る。もともとはロマ(かつてはジプシーとよばれた)によって飼われ、ヨーロッパ諸国を移動し、クロアチアのダルマチア地方に土着したものとみなされている。白色の地に、碁石のように丸くて小さい黒色、もしくはレバー色の斑点(はんてん)が全身に散在する。持久力があり、フランスやイギリスでは馬車の護衛犬として用いられたが、そのほか鳥猟犬、牧羊犬、番犬としても才能がある。本種は、生まれた直後は純白であるが、数週間後に特徴的な斑点が出てくる。体高48~60センチメートル。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダルメシアンの関連情報