コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンスタブル ダンスタブル Dunstable, John

4件 の用語解説(ダンスタブルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンスタブル
ダンスタブル
Dunstable, John

[生]1385頃.ダンスタブル?
[没]1453.12.24. ロンドン
イギリスの作曲家。生涯についてはほとんど知られていない。天文学者,数学者でもあった。ベッドフォード公に音楽家として仕え,1422~35年フランス,特にパリに滞在していたことはほぼ確実である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダンスタブル

英国の作曲家。その生涯についてはほとんどわかっておらず,亡骸(なきがら)が葬られているロンドンの教会の墓碑銘から他界の日付が,追悼詩から数学者,天文学者でもあったその経歴が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ダンスタブル【John Dunstable】

1390?‐1453
イギリスの作曲家。生涯についてはほとんどわかっていないが,一時ベドフォード公に仕えていたらしい。ダンスタブルの曲がイタリアの写本などに数多く残されているため,彼がイタリアないしは大陸に赴いたとする説もあるが,確証はない。彼は音楽家であると同時に数学者,天文学者でもあり,晩年は,音楽よりも天文学に多くの時を割いていたようである。 作品としては,ミサ曲,ミサの一章(キリエグロリアなど),モテット,世俗曲など,約50曲知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンスタブル
だんすたぶる
John Dunstable
(1390?―1453)

イギリスの作曲家。姓はDunstapleとも書かれる。百年戦争末期に北フランスを統治したベッドフォード公ジョンに仕えたこと以外、経歴についてはほとんど知られていないが、当時から優れた音楽家として名声を博し、天文学者、数学者としても知られていた。作品は、ミサ曲やモテトゥスなどの宗教曲がほとんどを占めるが、とくにミサ曲では、各章に共通の定旋律を用いて全体を統一しようとする試みがなされ、それは、イギリス独特の和声法などとともに、デュファイをはじめとする同時代のヨーロッパ大陸の作曲家に大きな影響を与えた。[今谷和徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダンスタブルの言及

【イギリス音楽】より

…また歴史的に起伏の激しいこともその特徴で,黄金時代と呼べるような隆盛期がいくつかある一方,その間にほとんど空白に近い沈滞期が続くという極端な展開を示している。すなわち黄金時代としては,第1にダンスタブルJ.Dunstable(1390ころ‐1453)を中心とする中世からルネサンスへの転換期,第2にタリスT.Tallis(1505ころ‐85),W.バード,J.ダウランド,O.ギボンズらの手によって声楽,器楽の両分野において目覚ましい展開が見られたチューダー朝とそれに続くジェームズ1世時代,第3にパーセルを中心とする王政復古時代,そして第4にボーン・ウィリアムズからブリテンにいたる現代を挙げることができる。またこのほかに例外的なケースとして18世紀前半におけるヘンデルの活躍がある。…

【イギリス音楽】より

…また歴史的に起伏の激しいこともその特徴で,黄金時代と呼べるような隆盛期がいくつかある一方,その間にほとんど空白に近い沈滞期が続くという極端な展開を示している。すなわち黄金時代としては,第1にダンスタブルJ.Dunstable(1390ころ‐1453)を中心とする中世からルネサンスへの転換期,第2にタリスT.Tallis(1505ころ‐85),W.バード,J.ダウランド,O.ギボンズらの手によって声楽,器楽の両分野において目覚ましい展開が見られたチューダー朝とそれに続くジェームズ1世時代,第3にパーセルを中心とする王政復古時代,そして第4にボーン・ウィリアムズからブリテンにいたる現代を挙げることができる。またこのほかに例外的なケースとして18世紀前半におけるヘンデルの活躍がある。…

【ブルゴーニュ楽派】より

…なかでもフィリップ2世の治世(1419‐67)には,オランダ,ベルギー,ルクセンブルク,フランスの一部などを含む一大公国となっていたが,歴代君主が芸術を保護したので,公国は諸文化面とりわけ音楽分野でヨーロッパの中心的存在となり,多くの優れた音楽家を輩出した。1420年代の後半からディジョンの宮廷礼拝堂聖歌隊員となったバンショアは,モテットや宮廷風恋愛歌に多くの傑作を残したし,属領であった北フランスのカンブレーでは,イギリスのダンスタブルやイタリア音楽の影響を受けたデュファイが,宗教曲や世俗曲で新鮮な響きを生み出していた。これら二大作曲家のほかには,フォンテーヌPierre Fontaine(14世紀末~1450ころ),カンブレーの楽長リベールReginaldus Libert(生没年不詳),フランドル出身のランタンLantins一族,エーヌ・ファン・ギゼゲムHayne van Ghizeghem(生没年不詳),ビュノアAntoine Busnois(1430ころ‐92)らの名を挙げることができる。…

【ルネサンス音楽】より

… 約200年にわたるルネサンス時代は大別してブルゴーニュ楽派の活躍を中心とした初期(1420‐80ころ),フランドル楽派の台頭から通模倣様式の完成に至る中期(1480‐1530),円熟期であるとともにマニエリスム的傾向がみられるようになる後期(1530‐1600ころ)に分けることができる。1400‐20年は中世からルネサンスへの過渡期とも考えられ,フランスを中心に中世理論に基づく最も複雑な音楽が作曲され続けた一方では,J.ダンスタブルによって代表されるイギリス楽派の手によって,より単純で響きのよい作品が生み出されていた。後者の影響をたぶんに受けて成立したブルゴーニュ楽派は,中世の形式や作曲法を一部受け継ぎながらも,新鮮な感覚と素直な芸術的表現によって,まったく新しい音楽様式を確立し,国際的活躍によってその様式をヨーロッパ各地に流布した。…

※「ダンスタブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダンスタブルの関連キーワードウォルトンエルガーバックスディオファントス揚げひばりイギリス組曲ショパン:3つのノクターン Op.9/piano soloヴォーン・ウィリアムズバーナーズボーン・ウィリアムズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone