コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンディン ダンディンDaṇḍin

百科事典マイペディアの解説

ダンディン

7世紀ころのサンスクリット作家,修辞学者。伝奇小説《ダシャクマーラチャリタ(十王子物語)》,詩論・修辞学書《カービヤーダルシャ》等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダンディン【Daṇḍin】

7世紀のサンスクリット伝奇小説作家,詩論学者。生没年不詳。伝記は明らかでないが,散文の伝奇小説《ダシャクマーラチャリタDaśakumāracarita(十王子物語)》の作者として名高い。この物語は10人の貴公子たちの冒険奇談を主題とし,興味深い多くの挿話を含み,中世インドの社会状態を詳しく描写しているので,風俗小説とか悪党小説などとよばれている。現存のテキストは3編14章から成っているが,最初の5章と第8章の後半以下は後世の補遺とみなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ダンディン【Dandin】

七世紀頃のインドのサンスクリット小説家。伝奇小説「ダシャクマーラチャリタ(十王子物語)」、修辞学書「カービヤーダルシャ(詩作の鏡)」など。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンディン
だんでぃん
Dain

生没年不詳。7世紀ごろのインドのサンスクリット伝奇小説作家、詩論学者。伝記も不詳。散文のサンスクリット伝奇小説『ダシャクマーラチャリタ』(十王子物語)により非凡な文才と技巧を示し、また詩論、修辞学書『カービヤーダルシャ』(詩作の鏡)によってサンスクリット詩学発達の基礎を開いた。『詩作の鏡』は文体の区別を論じ、修辞、韻律上の各種技巧を詳説し、詩的作品の特徴、欠点なども述べている。[田中於莵弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダンディンの関連情報