コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンネマン ダンネマンDannemann,Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンネマン
Dannemann,Friedrich

[生]1859.12.28. ブレーメン
[没]1936
ドイツの科学史家。ハイデルベルク,ベルリン,ハレの諸大学で,哲学,物理学,化学,植物学を学び,さらに自然科学と歴史に興味をいだいた。職業学校の化学教師に,次いで校長になった。在職中,自然科学の教授法や自然科学の研究に専念。 O.ゲーリッケの『真空論』をラテン語からドイツ語に翻訳。その後,各地の図書館で科学の古典をあさり,欧米の学芸文化を視察。主著に科学史の大著『大自然科学史』 (1910~13) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ダンネマン(Friedrich Dannemann)

[1859~1936]ドイツの科学史家・科学教育者。ボン大学教授。自然科学史の分野を開拓し、科学史の著作を多数残した。主著「大自然科学史」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ダンネマン

ドイツの科学史家。ハイデルベルクベルリン,ハレ各大学で物理学,化学,植物学,哲学,歴史学を学び,化学教師などを経てボン大学教授となる。大著《大自然科学史》で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダンネマン【Friedrich Dannemann】

1859‐1936
ドイツの科学史家。ブレーメン出身で,ハイデルベルク,ベルリン,ハレの各大学で物理学,化学,植物学,哲学,歴史を学び,科学史専攻を志す。バルメン市の実科学校の化学教師,のち同校校長となる。のちにボン大学の助教授になり科学史講座を担当した。主著は大作《大自然科学史Die Naturwissenschaften in ihrer Entwicklung und in ihrem Zuzammenhange》4巻(1910‐13)で,ほかに《自然科学史概説》(1896),《自然科学的問題の発生について》(1928)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ダンネマン【Friedrich Dannemann】

1859~1936) ドイツの科学史家・教育者。ボン大学で科学史を開講。「大自然科学史」四巻のほか、数々の優れた科学史の著作がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のダンネマンの言及

【科学史】より

…したがって,科学の特権性を過去の歴史のなかに跡づけ,あるいはそうした体系の部分的な一片一片を,他の文化圏の歴史のなかに発見するという,データ探しが,19世紀の動きを受けついだ20世紀前半の重要な学問上の目標となった。 ベルギーに生まれ,1915年からアメリカに渡ったG.サートンの大著《科学史序説》(1927‐47),ドイツのF.ダンネマンの《大自然科学史》(1910‐13),あるいはフランスのP.タンヌリーの《科学史論集》(1912‐50),イギリスのC.シンガーの一連の著作活動など,いずれも百科事典的な浩瀚(こうかん)な内容をもつもので,データの集積作業であった。それとともに,科学史はこの時期に学問としても制度化されはじめ,サートンが1912年に創刊した論文誌《アイシスIsis》は,アメリカ科学史学会(1924設立)の機関誌として今日に至っており,国際的にも最も権威ある学会誌の一つになっている。…

※「ダンネマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダンネマンの関連キーワードビラフランカの和議余計者光の科学史イタリア独立戦争岡田普理衛サルジニア王国ゼーバッハデカルソンデントンヘットナー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone