コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンプカー ダンプカー

大辞林 第三版の解説

ダンプカー

dump+car〕
荷台を動力によって傾斜させ、土砂などの積み荷をおろせるようにしたトラック。ダンプ-トラック。ダンプ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

ダンプカー

(1)自動的に荷降ろしができる鉱車(鉱山などで鉱石の運搬に用いる車両)。(2)荷台を油圧などで傾斜させ土砂などの積荷をおろすトラックダンプトラックともいう。積荷を後方に落とすリヤダンプ,側方に落とすサイドダンプ,後方・両側方に自由に落とせる三転ダンプがある。
→関連項目建設機械トラック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳の解説

ダンプカー

荷台を傾けて積み荷を一度に降ろせるトラック。英語では同じ構造の貨車を指し、正しくはdump truck(ダンプトラック)。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダンプカー【dump car】

(1)鉱車のうち,自動的に荷降ろしができる形式のものをいう。容器の底板が開いて荷降ろしをするものもあるが,容器を側方に傾けると同時に,片側の側板を開いて荷降ろしをする形式のものが多い。容器を傾ける方式には,手動,油圧シリンダーで片側を持ち上げるもののほか,容器の片側の小車輪がガイドレールによって持ち上げられるもの(グランビーGranby式)がある。この形式のものは,列車を停止することなく,荷降ろし場を通過して,連続的に荷降ろしをできる点が長所である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンプカー
だんぷかー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のダンプカーの言及

【建設機械】より

…自走できるもの(モータースクレーパー)とトラクターによって牽引されるものとがある。 ダンプトラックdump truckダンプカーと通称される。長距離の運搬専用車両で,荷台を動力によって傾斜できるようにしたトラック。…

【鉱車】より

…積載容量1~2m3のものが多い。自動的に荷降ろしができるものはダンプカーと呼ばれる。鉱車と機関車,あるいは鉱車相互間の連結には,自動連結器も用いられるが,リンクチェーン・ピン方式が用いられることが多い。…

【トラック】より

… 以上がJISによる分類であるが,このほかにも種々分類することができ,例えば荷台形式によって分ければ,荷台の周囲の側板(あおり板)が両側面および後方に開閉できる三方開き型,荷台後部のあおり板のみが開閉できる一方開き型,あおり板がなく長尺重量物などの運搬に適するプラットホーム型などがある。また,油圧により荷台全体を傾斜させることができるものはダンプトラック(いわゆるダンプカー)という。石油,薬品などの液体を大量輸送するための専用のタンクをもつトラックは,タンクローリー車と呼ばれ,これには安全上の種々の規制が設けられている。…

※「ダンプカー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ダンプカーの関連キーワードリニア中央新幹線の建設工事の残土豊島の産業廃棄物不法投棄ダストシュートウラジーモフ笹子トンネルベラルーシサランスク砂利採取業世良 絹子ミンスク安全教育発掘調査PERT矢沢幸治運転免許緋田康人井口昇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ダンプカーの関連情報