コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェッリーニ Benvenuto Cellini

大辞林 第三版の解説

チェッリーニ【Benvenuto Cellini】

1500~1571) イタリア、ルネサンス期の彫刻家・金銀細工師。波瀾万丈の一生を回顧した「自伝」が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェッリーニ
ちぇっりーに
Benvenuto Cellini
(1500―1571)

イタリアの金銀細工師、彫刻家、著述家。11月3日フィレンツェに生まれる。『自伝』によれば、女児の誕生を望んでいた両親によって、皮肉にもベンベヌート(ようこそいらっしゃいました)と名づけられたという。15歳で金銀細工師の徒弟となり、19歳で家郷を出て各地を遍歴したあとローマに住み、約20年間主として同地で活躍。最初ラファエッロ派およびメダル製作者フォッパ・カラトッソらの影響を受けたが、のちミケランジェロの作風を模して工芸や彫刻の制作に従事。クレメンテ7世、フランソア1世、イッポリット・デステらの委嘱による工芸品には、ミケランジェロの影響を強くとどめている。40歳、フランソア1世の招きでパリに滞在、45歳でフィレンツェに帰郷し、以後メディチのコジモ1世に仕えて余生をその地で送り、71年2月13日没。
 主要作品には、金にエマイユを施した『フランソア1世の塩入れ』(1540~43、ウィーン美術史博物館)、青銅の浮彫り『フォンテンブローのニンフ』(1543~44、ルーブル美術館)、またコジモ1世の委嘱による青銅の『ペルセウス』(1545~54、フィレンツェ、ロッジア・ディ・ランツィ)などがある。『ペルセウス』は彼の会心作であるが、彫刻としてあるいは鋳造技術としてよりも『自伝』が語る劇的な制作過程によって有名であり、ベルリオーズ作曲のオペラ『ベンベヌート・チェッリーニ』(1838・パリ初演)もこのエピソードによっている。
 チェッリーニの『自伝』は58歳から62歳の間に執筆されたが、生前には出版されず、1728年にイタリアで初版が、71年イギリス、96年ドイツで出版され、ゲーテの賞賛を博している。ほかに『金銀細工について』『彫刻について』(ともに1568)、および『詩集』(1891)がある。[裾分一弘]
『黒田正利訳『自伝』(1967・現代思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チェッリーニの関連キーワードシニョーリア広場ベルリオーズフランス美術七宝(工芸)マニエリスムイタリア文学11月2日自叙伝

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android