コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェリーニ チェリーニ Cellini, Benvenuto

3件 の用語解説(チェリーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェリーニ
チェリーニ
Cellini, Benvenuto

[生]1500.11.3. フィレンツェ
[没]1571.2.13. フィレンツェ
イタリアマニエリスム(→マニエリスム)の代表的な彫刻家,金工家。父は建築家兼楽器製造家。15歳で金工家アンドレア・ディ・サンド・マルコーネに弟子入り。1519年ローマに出て古代彫刻を研究,またミケランジェロの影響を受ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チェリーニ

イタリアの彫刻家,金工家。フィレンツェに生まれ,同地に大工房を構えてコジモ・デ・メディチのために彫刻や金工に従事した。フランスフランソア1世の宮廷やボローニャシエナでも活躍。
→関連項目フレートナーメダル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チェリーニ【Benvenuto Cellini】

1500‐71
イタリア・ルネサンス期の彫刻家,金工家。フィレンツェに生まれ,金工家の工房で修業したのち,1519年ローマに移り,ここで約20年間彫刻と金工品の制作に従事した。この時期の作品として貨幣,金工および印章の作品がある。ローマ在住中,彼はライバルの金工師との決闘や公金横領の罪で投獄された。しかし,フランソア1世に救われ,王に招かれて40年フランスに渡り,43‐44年にフォンテンブロー宮殿の内部装飾のため,《ニンフ像》,神話をモティーフにした〈銀製燭台〉,フランソア1世のための黄金の〈塩壺〉(ウィーン美術史美術館蔵)などを制作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チェリーニの関連キーワードギベルティカロリングルネサンスチェッリーニサンフレディアーノ教会サンベルナルディーノ礼拝堂プレトリア広場ワシントン・ナショナル・ギャラリーイタリア・ルネサンス《イタリア・ルネサンスの文化》ルネサンス演劇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェリーニの関連情報