チェリーニ(英語表記)Cellini, Benvenuto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェリーニ
Cellini, Benvenuto

[生]1500.11.3. フィレンツェ
[没]1571.2.13. フィレンツェ
イタリア・マニエリスム(→マニエリスム)の代表的な彫刻家,金工家。父は建築家兼楽器製造家。15歳で金工家アンドレア・ディ・サンド・マルコーネに弟子入り。1519年ローマに出て古代彫刻を研究,またミケランジェロの影響を受ける。1540年までローマを中心に活動し,その間フィレンツェ,ベネチア,ナポリを転々とする。この期の作品は肖像メダル,コイン,宝石細工など。1540~45年フランソア1世の招きでフランスに滞在し,有名な『フランソア1世の塩入れ』(1540~43,ウィーン美術史美術館),『フォンテンブローのニンフ』(1543~44,ルーブル美術館)を制作した。1545年フィレンツェに帰り『コジモ1世の肖像』(1545~47,バルジェロ国立美術館),『ペルセウス』(1545~54,フィレンツェ,ロッジア・デイ・ランツィ),『キリストの磔刑像』(1562,エスコリアル聖堂)などを制作。波乱に富んだ生涯を記した『自叙伝』は特に有名で,芸術創造の過程とあわせて 1527年のローマの略奪に続く何年かの苦悩するイタリアの内情をも伝えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チェリーニ

イタリアの彫刻家,金工家。フィレンツェに生まれ,同地に大工房を構えてコジモ・デ・メディチのために彫刻や金工に従事した。フランスのフランソア1世の宮廷やボローニャ,シエナでも活躍。彫刻は,ミケランジェロの影響が濃いが,マニエリスムやバロックの要素も含む。代表作に,彫刻では《ペルセウス》(1545年―1554年,フィレンツェ,ロッジア・デイ・ランツィ蔵)。また金工作品に《フランソア1世の塩入れ》(1543年,ウィーン美術史美術館蔵)などがあり,波乱にみちた生涯を描いた《自伝》(初版1728年)も有名。
→関連項目フレートナーメダル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェリーニ【Benvenuto Cellini】

1500‐71
イタリア・ルネサンス期の彫刻家,金工家。フィレンツェに生まれ,金工家の工房で修業したのち,1519年ローマに移り,ここで約20年間彫刻と金工品の制作に従事した。この時期の作品として貨幣,金工および印章の作品がある。ローマ在住中,彼はライバルの金工師との決闘や公金横領の罪で投獄された。しかし,フランソア1世に救われ,王に招かれて40年フランスに渡り,43‐44年にフォンテンブロー宮殿の内部装飾のため,《ニンフ像》,神話をモティーフにした〈銀製燭台〉,フランソア1世のための黄金の〈塩壺〉(ウィーン美術史美術館蔵)などを制作した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android