コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェリーブランデー チェリーブランデーcherry brandy

翻訳|cherry brandy

飲み物がわかる辞典の解説

チェリーブランデー【cherry brandy】


さくらんぼを使用したリキュールスピリッツにさくらんぼを浸漬し、シナモンやクローブなどのスパイス、砂糖を加え、ろ過したものを熟成させる。濃赤色で、カクテルの材料にも用いる。アルコール度数は25度程度。◇キルシュワッサーなどの、さくらんぼを発酵させ、蒸留してつくるブランデーをいうこともある。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チェリーブランデー

オウトウ(桜桃)から作ったブランデー,またはオウトウの香味成分を浸出させたリキュール。前者はオウトウの果実をつぶして発酵,蒸留したもので,キルシュワッサーが著名。
→関連項目フォンデュブランデー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェリーブランデー【cherry brandy】

本来はサクランボで造った蒸留酒,つまりキルシュのことであるが,ふつうチェリーブランデーというと,ブランデーにサクランボをつけこみ,香味料を加えて造ったリキュールをさす。暗赤色の甘い酒で,メーカーによっていろいろであるが,アルコール分24~35%,糖分22~39%程度,カクテルや製菓用に使われることが多い。ダルマツィア産のマラスカ種を原料とする無色のマラスキーノやデンマーク産のピーターヒーリングもこれに属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェリーブランデー
ちぇりーぶらんでー
cherry brandy

サクランボからつくられるリキュール。アルコール分約60%のキルシュワッサーにサクランボを浸漬(しんし)し、シナモン、チョウジなどと砂糖を加えてつくる。キルシュワッサーのかわりにブランデーやスピリッツも使用される。甘口で赤い色をしている。アルコール分25~30%、デンマーク産のチェリーヒーリング、フランス産のギニョレダンジェーが有名である。いずれもアルコール分25%、エキス分12%くらいである。[原 昌道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチェリーブランデーの言及

【ブランデー】より

…その他のフルーツブランデーの多くは無色で,ホワイトブランデーともいう。サクランボを原料としたものはチェリーブランデー(リキュールにも同名のものがあるが別種),ドイツ語ではキルシュまたはキルシュバッサーといい,ドイツ,フランス,スイスなどで産出する。プラムを原料とするプラムブランデーは産地によって原料の品種が異なるので,製品の香味に違いがある。…

※「チェリーブランデー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チェリーブランデーの関連キーワードシンガポールスリングチェリーブロッサムオウトウ(桜桃)ケチケメートマラスキノスリングハンター

チェリーブランデーの関連情報