コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チグサガイ(千種貝) チグサガイkelp shell

世界大百科事典 第2版の解説

チグサガイ【チグサガイ(千種貝) kelp shell】

ニシキウズガイ科の巻貝。殻の高さ2cm,径1.2cmに達する。円錐形で殻頂がとがり,巻きは9階。各膨らみは弱く最後の巻きのまわりに角がある。赤色の個体が多いが黄褐色,暗褐色,または淡色の条斑のあるものなど個体変異が著しい。殻口内は真珠光沢がある。北海道南部から九州に分布し,潮間帯下の海藻上に多く,藻の上の微小生物を食べている。伊豆地方の個体は大型である。初夏に寒天状の卵塊を藻の上に産む。小型,薄質で黄緑色で褐色の細い横縞のあるものをミドリチグサガイC.j.hilarisという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

チグサガイ(千種貝)の関連キーワードショウキズイセン(鐘馗水仙)カモメガイキクスズメガイチグサガイツリガネニンジンホルトノキモッコクヤッコソウ深澤大河直腸ポリープ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android