ツリガネニンジン(読み)つりがねにんじん

日本大百科全書(ニッポニカ)「ツリガネニンジン」の解説

ツリガネニンジン
つりがねにんじん / 釣鐘人参
[学] Adenophora triphylla (Thunb.) A.DC. var. japonica (Regel) Hara

キキョウ科(APG分類:キキョウ科)の多年草。ツリガネソウともいう。茎は高さ0.4~1メートル、折ると白い液が出る。葉は長楕円(ちょうだえん)形から卵状長楕円形で、4~5枚が輪生する。8~10月、茎の先に多数の淡紫色花を下向きに輪生する。花冠は鐘形、花柱は抽出する。丘陵帯から山地帯の草原、畦(あぜ)などに生え、日本全土、および樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する。名は、花が釣鐘形で、根が太くチョウセンニンジンに似ていることによる。また、花の形から地方によってフウリンソウ(風鈴草)、チョウチンバナ(提灯花)などの名もある。俗に若苗をトトキと称し食用にし、根を乾燥したものは漢方で沙参(しゃじん)とよび、強壮、去痰(きょたん)剤に用いる。学名上の母種にあたるサイヨウシャジンは本州中部以西、四国、九州、および朝鮮半島、台湾、中国に、ハクサンシャジンは丈が低く、花序の枝が短くなった変種で中部地方以北の本州、北海道の亜高山に分布する。

 ツリガネニンジン属は花柱の基部が筒状または杯(さかずき)状の花盤に包まれる。世界に約70種、日本に約15種分布する。

[高橋秀男 2021年10月20日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ツリガネニンジン」の解説

ツリガネニンジン

ツリガネソウとも。キキョウ科の多年草。日本全土,東アジアに分布し,日当りのよい山野の草地にはえる。茎は直立し,高さ1m内外,切れば白汁が出る。葉は3〜6枚ずつ輪生し,縁には細鋸歯(きょし)がある。8〜10月淡紫色の花を円錐花序につける。花冠は鐘形で長さ1.5〜2cm。根は白色で肥大し,薬用とされ,また若芽はトトキとよばれて代表的な山菜の一つ。本州中部〜北部の高山にはえるヒメシャジンは高さ50cm内外,花は総状について,大きく長さ約2cm,萼片に細鋸歯があり,葉は互生する。ミヤマシャジンはヒメシャジンに似ているが,萼片に鋸歯がない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android