ホルトノキ(読み)ほるとのき

日本大百科全書(ニッポニカ)「ホルトノキ」の解説

ホルトノキ
ほるとのき
[学] Elaeocarpus sylvestris (Lour.) Poir.

ホルトノキ科(APG分類:ホルトノキ科)の常緑高木。大きなものは約20メートルになる。葉は生し、倒披針(とうひしん)形または狭長楕円(だえん)形、厚く縁(へり)に鈍い鋸歯(きょし)があり、毛はない。晩春、前年葉腋(ようえき)に総状花序をつくり、白色花を開く。萼片(がくへん)、花弁ともに5枚。花弁は倒卵状くさび形で、上半部は細裂する。雄しべは多数で花糸は短く、葯(やく)は細長くて先端に毛がある。雌しべは1本。核果は楕円形で長さ約1.5センチメートル、濃黒青色を帯びる。常緑樹林内に生え、関東地方南部以西の本州から沖縄、および朝鮮半島南部、中国中南部、ベトナムに分布する。名は、果実オリーブの実と誤り、オリーブ油すなわち「ポルトガルの油」をとる木と思い違いしたことによる。また、鹿児島県の方言でモガシという。樹皮、枝葉は染料に、材はシイタケ栽培の榾木(ほたぎ)に使う。

[古澤潔夫 2020年6月23日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ホルトノキ」の解説

ホルトノキ
Elaeocarpus sylvestris var. ellipticus

ホルトノキ科の常緑高木で,モガシの別名もある。アジア東部の暖温帯に生じ,西日本の暖地に自生する。は高さ 20mにもなり,葉は柄があって互生し,長楕円形で長さ 10cmぐらいになる。6月頃,総状花序を出し白色の小花を多数つける。萼片,花弁ともに5個,おしべは多数で花弁の先は糸のように裂けている。果実は核果で楕円体,長さ 15mmぐらいで黒青色に熟する。小笠原諸島には近縁の別種シマホルトノキ E. photiniaefoliusが,また火山列島 (硫黄島) にはチギ E. pachycarpusが分化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ホルトノキ」の解説

ホルトノキ

ホルトノキ科の常緑高木。本州(関東南部以西)〜沖縄の照葉樹林にはえる。葉は互生し,やや革質で楕円状披針形。6〜7月,前年の枝の葉腋から総状花序を出し,多数の花をやや一方に偏ってつける。花弁は5枚,白色で長さ約1.2cm,先が糸状に裂ける。果実は長さ1.5〜2cmの長楕円体で黒紫色に熟す。暖地の社寺に植えられる。名は〈ポルトガルの木〉ので,本来はオリーブを指したといわれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ホルトノキ」の解説

ホルトノキ【Elaeocarpus sylvestris (Lour.) Poir.】

暖帯亜熱帯の照葉樹林にみられるホルトノキ科の常緑樹。モガシともいう。樹高はふつう10~15m,直径30~50cmであるが,大きいものでは樹高30m,直径1m以上のものがある。社寺の境内によく巨木をみる。樹皮は灰褐色で平滑。葉はやや革質,長さ5~13cmの楕円状披針形~倒披針形で,ふちに低い鈍鋸歯があり,葉柄は約1cmで互生する。一見ヤマモモの葉に似るが,裏面側脈腋(みやくえき)に膜状物があるので区別できる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホルトノキの言及

【ヒトツバタゴ】より

…東京では,東京大学構内など各地に植えられているが,昔,江戸青山六道の辻(現在は明治神宮外苑内)の人家に植えられてあった木は,名まえがわからぬのでナンジャモンジャと呼ばれていた。このように不明の珍しい木を,ナンジャモンジャと呼ぶ例は各地で他の種についてもみられ,神奈川県逗子市神武寺境内のそれはホルトノキである。 北アメリカ東南部産のアメリカヒトツバタゴC.virginica L.(英名fringe‐tree)も庭園樹に利用される。…

※「ホルトノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android