コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チゴモズ Lanius tigrinus; tiger shrike

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チゴモズ
Lanius tigrinus; tiger shrike

スズメ目モズ科。全長 17~19cm。雌雄異色。雄は額から後頸が青みを帯びた灰色で,幅広い黒色の過眼線がある。背面から尾は褐色で,黒い横縞模様があり,それが虎模様に見えることから英名種小名がつけられた。下面は白い。雌は白い眉斑があり,耳羽のみ黒く,腹側は淡褐色の地に暗色の横斑がある。ロシア東部から東アジアに繁殖分布し,ミャンマーから東南アジアに渡って越冬する。日本には夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,平地および低山帯の開けた林で繁殖する。昆虫類を主食とし,ときには小鳥やネズミ類なども食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チゴモズ
ちごもず / 児鵙
thick-billed shrike
[学]Lanius tigrinus

鳥綱スズメ目モズ科の鳥。アジア大陸東部の温帯地域で繁殖し、冬季は東南アジアに渡る。日本では本州中部以北に夏鳥として渡来し繁殖するが、分布は局地的である。全長17.5センチメートル。頭、後頸(こうけい)は灰色で、背、翼、尾は褐色、下面は白色の、美しいモズである。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチゴモズの言及

【モズ(百舌∥鵙)】より

…東アジアに分布し,日本では本州中部以北に4月末ころから夏鳥として渡来し繁殖する。チゴモズL.tigrinus(英名thick‐billed shrike)は全長約18cm,雄は頭部が青灰色で,黒色の太い過眼線がある。上面は赤褐色をしていて,細い黒色の横縞があり,下面は白い。…

※「チゴモズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チゴモズの関連キーワード百舌・百舌鳥・鵙百舌

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android