コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チズゴケ

3件 の用語解説(チズゴケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

チズゴケ

北半球の高山の岩石上に固着する地衣類。体は黄緑色で周辺部には黒色の下生菌糸があり,その対比が美しい。特に他の固着地衣の種類と接する所には黒色の境界線を生じ,色分けした地図のように見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チズゴケ【Rhizocarpon geographicum (L.) DC.】

亜高山帯から高山帯の岩上に生じるヘリトリゴケ科の固着地衣(イラスト)。地衣体は鮮やかな黄色で,周囲に黒色の下生菌糸をもち,その対比が美しく,岩上に地図を書いたように見える。共生藻は緑藻。子器は黒色で地衣体中に埋没し,褐色で多室の胞子を生じる。世界中の極地や高山に広く分布し,日本では北海道から九州の高山に生育する。【柏谷 博之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チズゴケ
ちずごけ
[学]Rhizocarpon geographicum (L.) DC.

地衣類ヘリトリゴケ科の1種。高山の主として酸性の岩上に密着して生える。地衣体は小形の痂(か)状で、表面は黄色、大小不同の区画に分かれ、縁(へり)は黒色に縁どられている。子器(しき)は地衣体の中にうずもれてできる。この地衣の生えているようすが、岩上に地図を描いたようにみえるところからチズゴケの名がある。日本各地のほか、南北極地圏から温帯にかけて広く分布する。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チズゴケの関連キーワード火山帯植物帯森林限界鳥海火山帯富士火山帯亜高山帯高山帯喘息薬種草本帯狸蘭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone