コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チッソ チッソ

3件 の用語解説(チッソの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チッソ
チッソ

化学会社。1906年曾木電気として創立。1908年日本カーバイド商会と合併し,日本窒素肥料に社名変更。1921年合成アンモニアの工業化に世界で初めて成功する。第2次世界大戦を挟み発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チッソ

鹿児島県内の水力発電会社が前身で1906年1月12日の創業。熊本県水俣市で肥料生産を始め、日本窒素肥料として成長。朝鮮に大規模な化学コンビナートを築き、昭和初期に財閥を形成した。戦後の財閥解体後、新日本窒素肥料が50年1月12日に設立。操業の中で水俣病を引き起こした。90年代から液晶が主力商品となり、2010年3月期の連結決算で220億円の過去最高益を計上。一方、水俣病の補償・救済などで約1700億円の累積赤字を抱える。関連33社を合わせた社員数は3450人。

(2011-01-12 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

チッソ

正式社名「チッソ株式会社」。英文社名「CHISSO CORPORATION」。化学工業。明治39年(1906)創業。昭和25年(1950)「新日本窒素肥料株式会社」設立。同40年(1965)現在の社名に変更。平成21年(2009)の「水俣病被害者の救済及び水俣病問題の解決に関する特別措置法」に基づき同23年(2011)事業再編。新設した「JNC株式会社」に事業を譲渡し水俣病に対する補償業務専業となる。本社は東京都千代田区大手町持株会社子会社の総合化学会社JNCを運営管理する。

出典|講談社
日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

チッソの関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チッソの関連情報