コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チビタベッキア チビタベッキア Civitavecchia

3件 の用語解説(チビタベッキアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チビタベッキア
チビタベッキア
Civitavecchia

イタリア中西部,ラツィオ州ローマ県,チレニア海にのぞむ都市。ローマの北西,道路で 76kmに位置する。2世紀初めトラヤヌス帝が築港して以来,ローマの外港の役割を果し,現在もサルジニア島との連絡港として重要。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チビタベッキア

イタリア中部,ラチオ州の港湾都市ティレニア海に面し,古代ローマのトラヤヌス帝が建設した港で,9世紀にイスラムに襲撃された。漁業の中心でもあり,セメント製造,造船などが行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チビタベッキア【Civitavecchia】

イタリア中部,ラチオ州の港町。人口5万1240(1990)。ティレニア海に面し,ローマの北西72kmにあり,ローマやウンブリア州への工業資材,穀物などの供給港,本土とサルデーニャ島を結ぶ連絡船の発着港である。トラヤヌス帝が建設した港で,828年,イスラム教徒の襲撃を受け住民は近くの森に避難し,そこに新しい町を建設した。イスラムの脅威が去ると再び港に戻り,町をCivitas vetula(旧市)と称したことから現在の地名が生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チビタベッキアの関連キーワードガエタティボリテルニビテルボフラスカティボルセナイタリアンフェラチオマルチアーナ・マリーナラチオ[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チビタベッキアの関連情報