チブチャ文化(読み)ちぶちゃぶんか(英語表記)Chibcha

世界大百科事典 第2版「チブチャ文化」の解説

チブチャぶんか【チブチャ文化】

南アメリカ,コロンビアの首都ボゴタ周辺の肥沃な高原地帯に,16世紀中ごろに栄えたチブチャChibcha族の文化。考古学的な調査が十分でなくその全貌はわからないが,スペイン人の記録には,いくつかの小国家に分かれていたこと,柵囲いの大きい村落,豊かな耕地,太陽神や英雄神の信仰,きびしい刑罰,奴隷小児のいけにえ,金やエメラルド細工物などについて記されている。その国家組織はインカ成立の初期を思わせる権力構造を示していたとみられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「チブチャ文化」の解説

チブチャ文化
ちぶちゃぶんか
Chibcha

南アメリカ北部、現コロンビアの首都があるボゴタ高原に栄えた古代文化。先行文化についてはほとんどなにもわかっていないが、16世紀初めスペイン人征服者が侵入したとき、ボゴタとトゥンハに大きな集落を発見し、そこに存在した建造物や黄金などについて記録を残している。チブチャ社会は、北アンデス、環カリブ海地域における最大の首長制社会であったが、ボゴタの大首長シパとトゥンハの大首長サケが二つの政治領域を統轄し、それぞれのもとに多くの小首長制社会を包含して、緩い政治的連合体を形成していた。首長、貴族、神官、平民、奴隷などからなる成層社会が存在し、太陽信仰が行われていたが、ボチカという文化英雄や、人身御供(ひとみごくう)の存在は、メソアメリカ文化との類似を示している。生産は、トウモロコシ、キヌア、ジャガイモなどの農耕を基礎にしていたが、交易も盛んに行っていた。物質文化に関しては、ボゴタ高原のラ・ラマーダや墳墓からの発掘品によって知ることができるが、石像、石彫類はきわめて少なく、茶、オレンジなど単色の土器、オレンジまたはクリーム地に赤彩の土器や、鋳型でつくった平板に針金状の輪郭を施した黄金製品などが特色である。チブチャの黄金製品は、スペイン人の略奪によって有名になったが、スタイルのうえからみると、キンバヤ、カリマなど隣接する地域の黄金細工との類似がみられない。

[増田義郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android