コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チベット自治区 チベット Tibet

翻訳|Tibet

4件 の用語解説(チベット自治区の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チベット自治区
チベット
Tibet

漢語名はシーツァン (西蔵) 。略称はツァン (蔵) 。中国南西部の1級行政区。行政中心地であるラサ (拉薩) 特別市と6つの地区に分れ,1市,70県から成る。 1956年チベット自治区準備委員会が設けられ,59年チベット政府の解散を経て,65年自治区が成立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チベット自治区

中国南西部に位置し、インドネパールなどと隣接。面積は約123万平方キロで中国の直轄市・省・自治区の中で2番目に広い。人口は約318万人で9割がチベット族。1951年、中国軍がラサに進駐し、チベット族の反発が拡大。59年の動乱を軍が鎮圧し、ダライ・ラマ14世がインドに脱出して亡命政府を樹立した後、65年にチベット自治区が成立した。その後も抗議行動が続き、89年にはラサに戒厳令が敷かれた。2008年にもラサなどで大規模な騒乱が発生した。

(2016-09-22 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チベット‐じちく【チベット自治区】

チベット

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チベットじちく【チベット自治区 Xī zàng zì zhì qū】

中華人民共和国南西部にある自治区。中国では西蔵自治区と表記される。略称は蔵。北側東部は青海省,北側西部は新疆ウイグル自治区,南西部はインド,南はネパール,ブータン,インド,ミャンマー,東部は雲南省,四川省と接する。面積120余万km2,人口240万(1995)。1地区級市,6地区からなり,さらにそれらが77県級行政地域(1市,76県)に区分されている。自治区人民政府所在地はラサ(拉薩)市。
[自然]
 チベット自治区は北はタングラ(唐古拉),ホフシル(可可西里),崑崙,西はカラコルムの支脈とヒマラヤ,南はヒマラヤ,東は横断山脈にかこまれ,ほぼ全域が青蔵高原の一部,すなわちチベット高原からなりたつ典型的な山地性高原である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チベット自治区の関連キーワード中華人民共和国人民服張瀾貴州[省]四川[省]青海[省]CHINCOMチベット族モンゴル族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チベット自治区の関連情報