コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チベット高気圧 チベットこうきあつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チベット高気圧
チベットこうきあつ

夏季にチベット高原の上空の対流圏上部に発生する高気圧。ヒマラヤ山塊を含むインド内陸部は夏に日射や降水に伴う潜熱の解放によって空気が加熱され,広い範囲にわたって上昇気流が発生する。大気下層は低気圧になり,インド洋から内陸部に向けて夏の季節風(インド・モンスーン)が吹く。上昇した空気は対流圏上部で四方に吹き出すが,吹き出す空気にコリオリの力が働いて時計回りの大気の循環(高気圧性の渦巻)ができる。これをチベット高気圧と呼ぶ。チベット高気圧が発達すると,ヒマラヤの南側を吹いていた偏西風が北側に移る。これに呼応して日本付近の季節が梅雨から盛夏に移行する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

チベットこうきあつ【チベット高気圧】

夏季、チベット高原上の対流圏上部に出現する温暖な高気圧。チベット・ヒマラヤの山塊が熱せられて大気を暖めるために生ずる。地表は低圧になる。その消長は、日本の夏の旱魃かんばつに影響すると考えられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チベット高気圧
ちべっとこうきあつ

チベット上空に形成される高気圧。アジア大陸南部の北緯20度から30度の緯度帯では、中国南部からインドを経て中近東・北アフリカ方面に至るまで、その対流圏上部(8~15キロメートル上空)では、冬は偏西風、夏は偏東風が卓越し、風向の季節変化がきわめて著しい。これは冬に北緯10度付近の上空に東西に伸びている上空の高圧帯が、夏は北緯30~35度まで変位することに対応している。この夏の高圧帯の中心の一つがチベット・ヒマラヤ山塊の上空にあり、高気圧の示度も、ここでもっとも高くなっている。これをチベット(上空)高気圧という。この季節変化は、自由大気中に突出する大山塊が冬は冷源、夏は熱源となるためにおこるもので、日本の梅雨をはじめとして、東アジア、南アジアの夏の季節風に関連する各地の天候の年々の特徴は、その年のチベット高気圧の動静によって説明されることが多い。[倉嶋 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チベット高気圧の関連キーワードダブル高気圧反対季節風コリオリ気圧配置消長

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チベット高気圧の関連情報