コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャプレン チャプレン chaplain; cappellanus

4件 の用語解説(チャプレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャプレン
チャプレン
chaplain; cappellanus

キリスト教で本来チャペルの奉仕に任命された聖職者。現在では広く「教会」以外の宗教施設,たとえば祈祷所,学校,病院,軍隊,ボーイスカウトなどの施設,団体に配属されて,礼拝,儀式を司り,集会や学課を通じて宗教指導を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チャプレン(chaplain)

《「チャップレン」とも》学校・病院・軍隊など、教会以外の施設や組織で活動する聖職者

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チャプレン【chaplain】

元来は聖遺物を納めた礼拝堂付きの司祭。のちに,学校,監獄,病院,大使館,軍隊に属する聖職者の総称となった。ふつうチャプレン教区司祭の司牧義務は有さず,聖職給はその属する機関より受ける。イギリスでは国王,貴族,高位聖職者にチャプレンを任命する権利が認められていたため,国教を忌避したカトリックピューリタンの貴族たちは,私宅に礼拝堂を設け,それぞれの信仰に応じた礼拝を守った。【八代 崇】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チャプレン【chaplain】

キリスト教で、学校・病院・軍隊などに属して宗教活動を行う聖職者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャプレンの関連キーワードストゥーパ聖遺物礼拝堂納め殿宝蔵コインブラス礼拝堂ギヨーム[ムールベーカの]聖遺物崇拝聖遺物箱ノートル・ダム・ド・ラ・ペ礼拝堂

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャプレンの関連情報