コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャラン(茶蘭) チャランChloranthus spicatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャラン(茶蘭)
チャラン
Chloranthus spicatus

センリョウ科の常緑の小低木。南西諸島から中国南部,マレー半島などの原産で,江戸時代に日本に伝えられた。茎は緑色でやや軟らかく,ふくれた節をもつ。はややチャに似て楕円形波状鋸歯をもち,葉質は厚く暗緑色光沢があり,対生する。初夏に,茎頂で2~3分枝し,円錐状の複穂状花序をなして黄色の小花を多数つける。花は無花被であるが香りがよい。観賞用として栽培される。和名は葉がチャに似ていることによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャラン【チャラン(茶蘭) Chloranthus spicatus (Thunb.) Makino】

センリョウ科の常緑低木で,高さ50cm余の株状に生育する。無毛で托葉がつき,葉がセンリョウより鈍鋸歯で,やや鈍頭である。茎端に円錐花序状に穂状花序を集め,花はおしべ3本が1本のめしべ合着し,芳香がある。果実は液果で,白く熟し,1個の種子を有する。中国南部から東南アジア暖地に分布し,日本では観賞用として鉢栽培して温室で育てる。中国では茎や根から芳香油をとり,花の香りを楽しむために古くから栽培されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のチャラン(茶蘭)の言及

【ヒトリシズカ】より

…日本全土,朝鮮,中国に分布する。 チャラン属Chloranthusは東アジアに十数種知られる。日本には,中国原産で常緑低木のチャランが栽培される。…

※「チャラン(茶蘭)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャラン(茶蘭)の関連キーワードセンリョウ科センリョウ

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android