コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャランゴ 〈スペイン〉charango

百科事典マイペディアの解説

チャランゴ

南アメリカ,アンデス地方の小型ギター。ボリビアペルー,アルゼンチン北部などでみられる。17世紀ころスペインから移入されたギターの一種起源。複弦5コース。共鳴胴の裏板木製のこともあるが,小動物アルマジロの甲羅を用いたものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャランゴ【charango】

南アメリカの民俗楽器。アンデスの山岳地帯(ボリビア,ペルー,アルゼンチン北部など)で用いられる小型ギターで,起源は17世紀ころスペインから移入されたギターの一型にある。通常5組の複弦を張り,一般のギターより音高が高い。木製のこともあるが,小動物アルマジロ(原地名キルキンチョ)の硬い甲羅をそのまま楽器の胴体(背面)として用いたものが多く,このことが外見上の最も顕著な特色となっている。ただし表面板のみはつねに薄い木材で作られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チャランゴ【charango】

南アメリカ、アンデス地方の民族楽器。アルマジロの甲羅を胴体に用いた小型のギター。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャランゴ
ちゃらんご
charango

ボリビア、ペルー南部、アルゼンチン北部のアンデス地域を中心に用いられるリュート属の弦鳴楽器。スペイン人のもたらしたギターをインディオ流に改変したもので、ヨーロッパ文化と南米固有の文化との融合によって生まれた楽器である。そのため、地域や個人の好みによってさまざまな材質、形状のものがつくられている。全長60センチメートル前後、十数個のフレットが木製の指板につけられ、胴にアルマジロの甲らを用いるのが一般的であるが、ギターのように木製の平らなものもある。この甲らに丸い響口をあけた木製の響板を張る。弦は金属かナイロンが用いられ、複弦では五コースのものが多いが、四コースのものや、単弦、三弦のものもある。もっとも一般的な調弦は、E5-A4、第三コースはE4とE5のオクターブ、そしてC5-G4というものである。ペルーでは、より小形のチャランゴをチリャドールchilladorとよんでいるが、これは「金切り声をあげる」を意味するスペイン語チリャールchillarからきている。[卜田隆嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チャランゴの関連キーワードエルネスト カブールラテンアメリカ音楽サガルナガ通り南アメリカチコ本間清原達之

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャランゴの関連情報