コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンチンモドキ Choerospondias axillaris (Roxb.) Burtt et A.W.Hill

世界大百科事典 第2版の解説

チャンチンモドキ【Choerospondias axillaris (Roxb.) Burtt et A.W.Hill】

日本では鹿児島県の北西部や天草に見られるウルシ科の落葉高木で,高さ30mに達する。樹皮灰褐色で縦裂し,片状にはげ落ちる。葉は互生し,奇数羽状複葉,長さ20~30cm。膜質小葉は7~9枚,卵形ないし卵状長楕円形。雄花若枝葉腋(ようえき)に長さ3~4cmの円錐花序に集まる。日本では初夏に開花する。萼片は楕円形でふちに微毛がある。花弁は長さ約3mmで,上方はやや外曲する。おしべは10本で花弁と同長。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャンチンモドキ
ちゃんちんもどき
[学]Choerospondias axillaris (Roxb.) B. L. Burtt et A. W. Hill

ウルシ科の落葉高木。葉は互生し、奇数羽状複葉で長さ15~25センチメートル、小葉は対生し、7~13枚で毛がなく、卵状長楕円(ちょうだえん)形、長さ4~8センチメートル、先は長くとがり、縁(へり)に鋸歯(きょし)がない。初夏に集散状の円錐(えんすい)花序を出し、株により雌花、雄花、または両性の小さい5弁花をつける。雄しべは10本、柱頭は5裂する。核果は楕円形、長さ約2センチメートルで黄色に熟し、酸味がある。九州(熊本、鹿児島県)にまれに自生し、中国、インドシナ、インドに分布。センダン科のチャンチンに似ているのでこの名がある。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チャンチンモドキの関連キーワードチャンチン坂の下遺跡小林義雄

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android