コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュコフスカヤ

百科事典マイペディアの解説

チュコフスカヤ

ソ連,ロシアの作家,文芸批評家。ソ連時代は一貫して反体制の作品を書き続けた。批評家K.I.チュコフスキーの娘としてペテルブルグに生まれ,幼時から文学的環境に育つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チュコフスカヤ【Lidiya Korneevna Chukovskaya】

1907‐96
ソ連邦の作家,文芸批評家。批評家K.I.チュコフスキーの娘としてペテルブルグに生まれる。少女時代から文学的環境に親しむ。1937年の大粛清を描く小説《ソフィア・ペトロブナ》(1939‐40。邦訳《廃屋》)はソ連国内では発行されず,65年国外で出版される。A.D.サハロフ擁護の文章《民衆の怒り》(1973)がもとで,74年作家同盟を除名される。小説《水中潜行》(1972)や,《公開状集》(1976。シニャフスキー,ダニエル,ソルジェニーツィンらを擁護),《除名の顚末(てんまつ)》(1974‐78)のほか,国内で出版された著書に《デカブリスト》(1951),《ゲルツェンの“過去と思索”》(1966)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュコフスカヤ
ちゅこふすかや
Лидия Корнеевна Чуковская Lidiya Korneevna Chukovskaya
(1907―1996)

ロシアの女性小説家。詩人・批評家K・I・チュコフスキーの娘としてペテルブルグに生まれる。1937年のスターリン大粛清を描いた『ソフィア・ペトロブナ』(邦訳『廃屋』)は1939年に書かれたが、国内では刊行されず、25年後パリで初めて刊行された。これは「書かずにはおれなかった」悲劇的証言であり、罪なく逮捕される「清廉」の人の真実と運命が問われている。『民衆の怒り』(1973)ではA・D・サハロフを擁護した。ほかにも、1940年代末期の文化人抑圧の記録『水中潜行』(1972)、ソルジェニツィンらを擁護した『公開書簡集』(1976)、『アフマートワについての覚書』(1976~80)などがあるが、これらもすべて国外で刊行された。1974年、ソルジェニツィンやサハロフらを擁護したことを理由にソビエト作家同盟から除名されたが、88年に復権した。[工藤正広]
『内村剛介編、青山太郎訳『現代ロシヤ抵抗文集第1 廃屋』(1970・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チュコフスカヤの関連キーワードコルネイ チュコフスキーウラジーモフ3月11日

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android