チューリヒ湖(読み)ちゅーりひこ(英語表記)Zürichsee

日本大百科全書(ニッポニカ)「チューリヒ湖」の解説

チューリヒ湖
ちゅーりひこ
Zürichsee

スイス北部、アルプスと中央低地との境界部に、堆石(たいせき)(モレーン)によりせき止められてできた鎌(かま)形の湖。面積90.1平方キロメートル(付属湖のオーバー湖を含む)で国内第六位、最大幅員3.85キロメートル、最大水深143メートル。湖尻(こじり)にはスイス第一の都市チューリヒが立地する。19世紀後半に鉄道と湖岸道路が建設されるまでは、湖上交通がグラウビュンデン州や、さらに峠を越えてイタリアに至る重要な商業ルートであった。現在は湖岸や島の観光ハイキング用に就航する船が多く、年間150万人の客を運ぶ。観光地として人を集めるのはアウ半島、ウーフェナウ、リュッツェラウの島々、ラッパースウィルの町などである。湖水はチューリヒや周辺地域の上水源として重要である。

[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「チューリヒ湖」の解説

チューリヒ‐こ【チューリヒ湖】

スイス北部の鎌形をした氷河湖。ライン川の支流リマト川への流出口にチューリヒ市がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「チューリヒ湖」の解説

チューリヒ湖
チューリヒこ
Zürichsee

スイス北東部,チューリヒ州にある氷河湖。一部はシュウィーツ州ザンクトガレン州にまたがる。面積 65km2。湖面標高 406m。最大水深 136m。長さ約 40km。最大幅約 4km。東端はリント運河によって南東方のワレン湖と結ばれ,北西端からはリマート川が流出し,アーレ川に合流する。湖岸は背後にアルプスを控えた景勝地で,緩斜面にはブドウなどが栽培されている。湖中に 965年建設の修道院があるウフェナウ島,新石器時代の湖上集落遺跡があり,北西端の湖尻に州都チューリヒがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「チューリヒ湖」の解説

チューリヒ‐こ【チューリヒ湖】

スイス北東部にある氷河湖。ライン川支流のリマト川の水源で、流出口にチューリヒ市がある。湖面標高四〇六メートル。最大水深一三六メートル。面積六五平方キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android