コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューリヒ湖 チューリヒこ Zürichsee

3件 の用語解説(チューリヒ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューリヒ湖
チューリヒこ
Zürichsee

スイス北東部,チューリヒ州にある氷河湖。一部はシュウィーツ州ザンクトガレン州にまたがる。面積 65km2。湖面標高 406m。最大水深 136m。長さ約 40km。最大幅約 4km。東端はリント運河によって南東方のワレン湖と結ばれ,北西端からはリマート川が流出し,アーレ川に合流する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チューリヒ‐こ【チューリヒ湖】

スイス北部の鎌形をした氷河湖。ライン川の支流リマト川への流出口にチューリヒ市がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チューリヒ湖
ちゅーりひこ
Zrichsee

スイス北部、アルプスと中央低地との境界部に、堆石(たいせき)(モレーン)によりせき止められてできた鎌(かま)形の湖。面積90.1平方キロメートル(付属湖のオーバー湖を含む)で国内第六位、最大幅員3.85キロメートル、最大水深143メートル。湖尻(こじり)にはスイス第一の都市チューリヒが立地する。19世紀後半に鉄道と湖岸道路が建設されるまでは、湖上交通がグラウビュンデン州や、さらに峠を越えてイタリアに至る重要な商業ルートであった。現在は湖岸や島の観光ハイキング用に就航する船が多く、年間150万人の客を運ぶ。観光地として人を集めるのはアウ半島、ウーフェナウ、リュッツェラウの島々、ラッパースウィルの町などである。湖水はチューリヒや周辺地域の上水源として重要である。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チューリヒ湖の関連キーワードアインジーデルンウィンタートゥールブルンチュリスイス銀行グロスミュンスターバトナヨークトル氷河ヨークルサルロン湖カール氷河チューリヒのクリスマスマーケットエンジェル氷河

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チューリヒ湖の関連情報