コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョシッチ チョシッチ C´osić, Branimir

3件 の用語解説(チョシッチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョシッチ
チョシッチ
C´osić, Branimir

[生]1903.11.13.
[没]1934.1.29. ベオグラード
セルビアの小説家。第1次世界大戦後のベオグラードにおけるブルジョア社会を分析し,きびしく批判した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チョシッチ

ユーゴスラビア,セルビアの小説家,政治家。ユーゴスラビア共産党(のちにユーゴスラビア共産主義者同盟と改称)政治委員として,第2次世界大戦中の対ナチス解放戦争パルチザン戦争)に参加,戦後,連邦議員に選出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チョシッチ【Dobrica Ćosić】

1921‐
ユーゴスラビアの小説家,政治家。セルビア人。農学校に学ぶ。第2次大戦中対ナチス解放戦争(パルチザン戦争)に共産党政治委員として参加,戦後は連邦議員に選出される。英雄礼賛を退けてパルチザン戦争の実態に迫った長編《太陽は遠い》(1951)は,社会主義リアリズムからの逸脱としてソ連から攻撃されたものの,国内では空前の成功をおさめた。その後も現代史に鋭いメスを入れた《分割》(1961),《死の時代》(1979)など大作を発表しつづけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チョシッチの関連キーワードセルビアセルビアモンテネグロSerbiaMontenegroセルビアン・トリコロール・ハウンドユーゴスラビアン・トライカラード・ハウンドユーゴスラビアン・マウンテン・ハウンドユーゴスラビア王国ユーゴスラビア共産党《ユーゴスラビア百科事典》ユーゴスラビア民族運動連合

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone