コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョンヤン(中央)山脈 チョンヤンさんみゃくZhongyang shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョンヤン(中央)山脈
チョンヤンさんみゃく
Zhongyang shanmai

タイワン (台湾) の東部を南北に貫く主軸山脈。主脈の山嶺は標高 3000mをこえ,北からナンフーター (南湖大) 山,チョンヤンチエン (中央尖) 山,ホーホワン (合歓) 山,ノンカオ (能高) 山,トンロワンター (東巒大) 山,タンター (丹大) 山,シウクーロワン (秀姑巒) 山,コワン (関) 山,ペイナンチュー (卑南主) 山などがある。西側は北部をシュエシャン (雪山) 山脈,中部をユイシャン (玉山) 山脈(→ユイ〈玉〉山)が並行する。東側では北部は絶壁となって太平洋に面し,中部はタイトン (台東) 平原でかぎられる。南部はホンチュン (恒春) 半島となってバシー海峡に突出している。原生林に覆われ,植物の垂直分布がみられる。北部のタイピン (太平) 山にはかつてイーラン (宜蘭) 平野のルオトン (羅東) から森林鉄道が敷かれ,モミなどが伐採されていた。低山帯にはクスノキが多く,樟脳(しょうのう)を産する。盆地や緩傾斜地には台湾先住民の集落があり,アワ,サツマイモなどの栽培を主業とする。ターチヤ (大甲) 渓とリーウー (立霧) 渓に沿って中部を横断する自動車道が 1960年に完成。沿線には避暑地のリーシャン (梨山) ,スキー場のあるホーホワン山,眺望のよいターユイリン (大禹嶺) 峠などの観光地がある。石灰岩が広く分布し,ホワリエン (花蓮) 県では大理石を採石している。リーウー渓は石灰岩を刻んでタイルーコー (太魯閣) 峡の峡谷を形成している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チョンヤン(中央)山脈の関連キーワードタイルーコー(太魯閣)峡シュエシャン(雪山)山脈タイチョン(台中)盆地チュオシュイ(濁水)渓タイチョン(台中)県ホワリエン(花蓮)県タイトン(台東)平原カオシュン(高雄)県カオピン(高屏)渓ナントウ(南投)県ピントン(屏東)県タイトン(台東)県リーシャン(梨山)イーラン(宜蘭)県ターチヤ(大甲)渓タイワン(台湾)プーリー(埔里)ルオトン(羅東)ユイ(玉)山

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android