コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリカラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チリカラ

長唄囃子用語,大小チリカラ拍子の略称。大鼓小鼓による長唄囃子独特の手法。「チリ」は大の表間 (おもてま。強音部) ,「カラ」は小鼓の裏間 (弱音部) を意味する擬声語。能楽手法は八つ拍子を基本とするが,チリカラは三味線のリズムに従って急速,軽快に打合せる手法である。『賤機帯 (しずはたおび) 』の「我が思い子の」のくだり,その他,多くの長唄曲に取入れられている。文化期に大坂に江戸の長唄が進出した際に,しろうとの好事家で長唄およびその囃子を好んだ集団をチリカラ連と称した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チリカラの関連キーワード出端

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android