コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チーホノフ Tikhonov, Nikolai Aleksandrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チーホノフ
Tikhonov, Nikolai Aleksandrovich

[生]1905.5.14. ウクライナ,ドニエプロペトロフスク
[没]1997.6.1. モスクワ,モスクワ
ソ連の政治家。工学博士。ドニエプル派と呼ばれるブレジネフ派の重鎮であった。蒸気機関車運転助士のかたわら,1930年ドニエプロペトロフスク冶金大学を卒業。 40年ソ連共産党入党。 47~50年鋼管工場長,50~54年鉄鋼省総局長,55~57年同次官。 60~63年国家科学・経済評議会副議長。 63~65年国家計画委員会副議長。 65年副首相,66~89年党中央委員。 1976年第一副首相,79年 11月党政治局員に就任。 80年 10月,A.N.コスイギン首相の後任として首相に就任した。 85年首相解任。 89年4月中央委員解任。

チーホノフ
Tikhonov, Nikolai Semënovich

[生]1896.12.4. ペテルブルグ
[没]1979.2.8.
ソ連の詩人。文学集団「セラピオン兄弟」に所属していたが,国内戦で赤軍に参加,革命的ロマンチシズムにあふれる詩集『大群集』 Orda (1922) ,『田舎ビール』 Braga (22) を発表。トルクメンやグルジアにおける社会主義建設をうたった詩集『ユルガー』 Yurga (26~30) ,『グルジアの春』 Gruzinskaya vesna (48~49) ,また独ソ戦におけるドイツ軍包囲下のレニングラード市民のヒロイズムをたたえた叙事詩キーロフはわれわれとともに』 Kirov s nami (41) などがある。また『パキスタンの旅』 Rasskazy o Pakistane (50) など世界平和評議会委員としての社会活動におけるアジアやヨーロッパ旅行から生れた作品も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チーホノフ(Nikolay Semyonovich Tikhonov)

[1896~1979]ソ連の詩人。第二次大戦中のソ連人民の戦いを歌った「キーロフはわれらとともに」「レニングラード物語」などで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

チーホノフ

ロシア・ソ連の詩人。ペテルブルグの商業学校を出て,第1次世界大戦に参加。1918年から1922年にかけて志願兵として赤軍の戦闘に加わる。革命的ロマンティシズムの色調の濃い処女詩集《大群衆》(1922年)で注目されたが,第2次世界大戦の独ソ戦で長期にわたってドイツ軍に包囲されたレニングラードの戦いに取材した叙事詩《キーロフ,われらとともに》(1941年)が代表作。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チーホノフ【Nikolai Semyonovich Tikhonov】

1896‐1980
ロシア・ソ連邦の詩人,社会活動家。小市民の出身で,ペテルブルグの商業学校を出た。1915年から第1次世界大戦に参加,その後18年から22年にかけて赤軍志願兵として戦った。かつては文学グループ〈セラピオン兄弟〉に属していたが,十月革命後は革命的ロマンティシズムにあふれた処女詩集《大群集》(1922)を出した。とくに第2次世界大戦中の独ソ戦で包囲されたレニングラードの戦いを歌った叙事詩《キーロフ,われらとともに》(1941)は有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チーホノフ【Nikolai Semyonovich Tikhonov】

1896~1979) ソ連の詩人。第二次大戦中のレニングラード攻防における市民の活躍をたたえた叙事詩「キーロフはわれらとともに」で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

チーホノフの関連キーワードN. ティーホノフ5月14日12月4日同伴者文学戦争と平和マズロフモスクワ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android